オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-05-19

集中して考える力。楽しみながら学ぼう

こんにちは。 オレンジスクール藤沢教室です。

藤沢教室は、この6月で開所より1年が経ちました。 ご利用者、保護者の皆様、また地域の皆様のおかげと感謝しております。

 

ありがとうございます!

 

オレンジスクールでは学習支援をメインに提供させていただいていますが、学習後、療育遊びの時間も設けています。机に座って学習する以外に、遊びの時間に身に着けられるスキルもあると考えています。

今回は教室に新しくそろえたゲームをご紹介できればと思います。

 

ドミノ倒し

カラフルな色合いで見た目にも楽しいドミノです。

ドミノ倒しは牌(はい)を並べ、それを倒して遊ぶゲームです。一見単純ですが、かなり集中力を要されます。また、どんな形状に牌を並べていくか考えたり、複数人で行う場合は協力して行ったりする必要があります。手先が器用でないと自信をなくしているお子さんも、ドミノ倒しなら楽しく抵抗なく取り組めるので細かい指の動きの練習にもなります。

先日は、こんなふうに人の顔のような作品を作ってくれた子もいました。

とてもユニークで倒すのがもったいない作品です。

また、途中で失敗せずに、最後までならべ切れたドミノを一気に倒せたときは達成感を味わえますね!

 

スーパーマリオ ぐらぐらゲーム

みんな大好き、マリオのキャラクターのぐらぐらゲームです。

ゆれる台にキャラクターたちをバランスよくのせていきます。のせる際は、サイコロで出た色の台にのせるルールです。キャラクターたちはサイズも形状も重さも違うので、どこにどんなふうにのせたら倒れないのか、考えながら慎重に取り組まなければなりません。

こちらは指導員と小学生のお子さんが二人で取り組み、協力してバランスを崩さずに最後のキャラクターをのせ終えた時の写真です。

傾いている台のどこにキャラクターをのせれば重心が真ん中になるのか、お子さんも一生懸命考えてくれました。

その結果、6回ほど連続で一度も倒さずキャラクターをのせ終えることができていました!

 

楽しみながら「考える」

こういった活動の中では、楽しみながらも「考える」ことが必要になってきます。

 

「どんな形のドミノ倒しにしようかな」

「どうやったら倒れないで並べられるんだろう?」

「こっち側に立って並べてみよう」

「どうやったらバランスよくキャラクターをのせられるんだろう?」

「そうだ、右に置いたら右に台が傾くから、次は左においてみようかな」

一人で考えてもわからないときは指導員やお友達がアドバイスしてくれることもあります。

そうして、引き出しを少しずつ増やしていくと、日々の生活や学習に役立つこともでてきます。

遊びながら習得できる、遊びながら学べる機会はあらゆるところに転がっているのですね。

オレンジスクールでは小さな学びも見逃さず、子どもたちの成長を支援していきたいと思います。

 

************************

 

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。