オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-01-29

読書の時間を通して学ぶこと

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室の荒井です。

今年度も残りわずかとなりました。

一年を振り返ると、お子さんの心も体も大きく成長していることが感じられます。

出来なかったことができるようになったり、苦手なことへ挑戦している姿が多く見られとても嬉しく思います。

残りの日々も楽しく過ごしていけるように取り組んでいきたいと思います!

 

読書の時間

今回はオレンジスクールで行っている「読書」について紹介したいと思います。

オレンジスクールでは「読書」の時間をお子さんと一緒に決めて行っております。

学習の前や学習中の小休憩などお子さんに合わせた時間で作っています。

学習前に読むことで、学習への意欲を高めることができるお子さんもいらっしゃいます!

また、読書の時間を通して学習に繋げているお子さんもいます。

 

例えば・・

指導員と読書をしている際に「この言葉知ってる?」と声掛けを行います。

「ん~、わからない・・」と答えることが多いです。

その際に藤沢教室では、分からない言葉を辞典を使って調べる時間を作っています。

知らない・分からない言葉を自分で調べ、意味や使い方を学ぶことでより定着率を高めることができます!同時に、辞典が苦手なお子さんの練習をすることもできます。

 

他にも、「FCリーディング」というプログラムも導入しています。

FCリーディング

オレンジスクールで取り入れている読書法で音声を聞きながら本の文字を読んでいきます。この方法は子どもの読代の特徴である「文字を音に変えるだけ」の追唱を無くし、文字を意味として捉えるようになります。

例えば、文字を一文字ずつ読んでいるため言葉として理解することが苦手な場合があります。その際にお子さんのレベルにあった本のレベルにあった本の朗読を耳で聞きながら、文字を目で追っていくことで聴覚からの音声情報視覚からの文字情報が脳の言語野で処理され、文字を意味の塊として捉えることができるようになります。

本が好きなお子さんも、読むのが苦手なお子さんもオレンジスクールの「読書の時間」を通して、言葉への興味や楽しさ、面白さに気付けるきっかけを提供していきたと思います。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。