オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-06-05

就学前までに身につけていきたいこと

こんにちは!!児童発達支援 オレンジスクールピコ溝ノ口教室です。

いよいよ明日から関東も梅雨入りになるみたいですね。

これから雨でお散歩に行けない日が続き、遊び足りない様子のお子さまが多くなると考えると早く梅雨明けしてほしいと思う今日この頃です。

 

 

話は変わりまして・・・2018年もあっという間に半年が過ぎました。

来年の4月から小学生になるお子さまもそろそろ就学に向けて、少しずつ準備を始めていかれると思います。

そこで今回は、「就学時までに身につけておきたいこと」を紹介します。

 

 

「保育園」・「幼稚園」と「小学校」の違い

 

 

まず、小学校はどんなところでしょうか?

幼稚園・保育園との違いはどんなことなのか知っていますか?

 

小学校は、教室にいる数十名の子どもが一人の先生が出す指示に従って行動をとらなければならいないため、保育園・幼稚園のような個別のサポートが減少します。

また、小学校に入学すると学習指導要領に基づいて活動をするため、

「遊び」から「学習」が中心の活動に変化をします。

 

 

 

就学までに身につけておきたい力

 

・先生の指示に耳を傾ける習慣や力

・書き写す力

・会話を理解する力

・時間の切り替えをする力

・やってみようとする力

 

上記の力が基本的に就学前までに身につけておきたい力です。

しかし、必ずしもこの5つを身につけておかなければならないわけではありません。

ご家庭とお子さまが協力して、お子さまのペースに合わせて身につけることができたら良いですよね。

 

 

 

ご家族と支援者が心がけたい3つのこと

 

 

・子どもに自信を持たせる

小学校に入学すると自分のことは自分でやらなければなりません。

責任感を持って行動が取れるように自信を持たせてあげることが大切です。

 

・見通しを立てさせる

小学校では、朝の会から始まり、そのあとから45分の授業があり、間に短い休憩が挟まれて一日が進んでいきます。時間の切り替えの練習をしておくと良いですね。

 

・勉強は楽しい活動と思ってもらうようにする

小学校では嫌でも学習の時間があり、クラスのみんなと一緒の学習内容を勉強します。入学前から勉強嫌いになってしまうとその後がとても大変です。

楽しく学べる教材を選び、楽しい活動の一部にしてあげましょう!

 

 

 

ピコの就学前支援

 

 

私たちオレンジスクールピコでは、就学前支援も行っています。

 

“家で試してみてもなかなかよくならない”

“環境を変えて慣らしてみたい”

“就学前までに学習の基礎を身につけたい”

 

などの就学前の相談を受け付けております。

また、長期期間かけてゆっくり就学前支援をしたいお子さまもいると思います。

「早期療育」「早期支援」はとても大切です。

お子さまの小学校生活が充実したものになるよう、私たち職員一同サポートしていきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

************************

児童発達支援 オレンジスクールピコ 溝ノ口教室

【TEL】044-822-2221

【MAIL】pico-mizonokuchi@orangeschool.jp

【問い合わせ】児童発達支援 オレンジスクールピコ溝ノ口教室

【アクセス】田園都市線「溝の口」駅 徒歩9分

JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 徒歩9分

田園都市線「高津」駅 徒歩9分

************************

 

高津区(久本・坂戸・末長・北見方・諏訪・溝口・下作延)・宮前区・中原区・多摩区 「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。