オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-11-25

漢字を学習しよう!

一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みが冬の訪れを感じさせてくれます。そんな中、子どもたちは、「サンタさんにもらうプレゼント決めたんだ~!」と、1か月後のクリスマスに胸を躍らせ心待ちにしています。

さて、オレンジスクール溝ノ口教室では、「漢字への抵抗感が強い」「漢字が書けない、読めない」と言った、漢字学習に対するお悩みを耳にすることがあります。

本日は、当教室で取り組んでいる漢字学習についてお伝えしていきたいと思います。

 

漢字パズルを楽しもう

一年生の始めに習う、画数やパーツが少ない漢字はお子様も馴染みやすく、定着も早いと思うのですが、だんだんと習う漢字のパーツや画数が増えていき、躓きも見られるようになります。そこで、当教室では、漢字の形を捉えるところから始めています。

「漢字パズル」と称した、漢字をパーツで分け、それを見本を見ながらパズルのように組み立てる教材に取り組んでいます。これを用いることで、抵抗感なくパズル遊びの感覚で楽しみながら漢字に触れて、漢字の形を捉えることができます。

 

線で繋いでみよう

形を捉えることができて漢字に慣れてきたら、次に、漢字とその読み方を線で繋ぐ教材に取り組みます。イラストがあることでその漢字に対するイメージもはっきりしてきます。

また、漢字を書くことが苦手なお子様も、この教材に取り組むことによって「できた!」という達成感を味わうことができ、漢字への抵抗感を減らすことに繋がっています。

 

漢字を書いてみよう

次に取り組むのが、ヒントが載っている確認問題です。漢字パズルや線つなぎで学習した漢字を、ヒントを基にしながら実際に書いてみます。ヒントがあることで、完璧には覚えていなくても、「この漢字は見たことある!」「知ってる!」と自分で書くことに挑戦できます。そして、そこでまた「書けた!」という達成感が生まれます。

 

漢字を書くことに慣れたら、ヒントが載っていない確認問題に取り組んでいます。この確認問題は、漢字練習とセットになっており、直前に練習した漢字を書き取っています。漢字を練習し、すぐに確認問題で思い出しながら書くことで、漢字の定着を促しています。

また、書くことに抵抗感のあるお子様には、読みのプリントもご用意しています。「書くのは苦手だけど読める!」などお子様の得意・不得意に合わせて漢字学習を進めています。

 

このように、漢字学習はお子様の特性や段階を踏まえて、無理のないペースや方法で取り組めるように支援をしています。お子様が、少しでも漢字に親しみを持って下さると嬉しいです!

 

学習面でお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください♪

 

***********************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、

ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール溝ノ口教室

【TEL】044-455-5661

【MAIL】mizonokuchi@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 溝ノ口教室

************************

溝ノ口教室の周辺には、高津小学校・東高津小学校・坂戸小学校・久本小学校・下作延小学校・上作延小学校などがあります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。