オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-12-07

時計の計算について

クリスマスにお正月休みと、楽しみがいっぱいの12月。

子どもたちは、待ちきれなくてわくわくしているのではないでしょうか。

溝の口教室の壁面もすっかりクリスマス仕様に変わっています!

体調管理に気を付けながら、今年最後の一か月を元気に過ごしていきたいですね!

 

さて、時計の時間は読むことが出来るけれど、「何分後や何分前」となると、分からなくなってしまうお子様もいらっしゃると思います。

 

今回は溝の口教室で行っている「時計の計算について」ご紹介したいと思います。

 

 

時計の針を書いてみよう!

 

「○○分後は何時ですか」という問いに対して、まずは時計の図を用いて自分で時計の針を書いてみるところから始めます。

最初は「10分」や「30分」という小さい数字から始めていきますが、慣れてきたら「60分」「90分」と、繰り上がりのある時間にも取り組んでいきます。

 

数直線で考えよう!

 

図で解くことに慣れてきたお子様や、時計の図からでは時間がイメージしにくいお子様には数直線を用いたプリントを準備しています。

数直線で考えることにより、『「○○分後」の問いに対して「足し算」で考える』、『「○○分前」に対しては「引き算」で考える』とパターン化し、計算式を用いて解いていきます。

矢印の向きで計算式を判断することもできるので、時計の図からイメージすることが難しいお子様でも取り組むことができています!

 

文章問題を解いてみよう!

 

問題に慣れてきたら、文章問題にチャレンジしていきます。

〇分前、〇分後のイメージができるようになったり、パターンを覚えることができると、図や数直線がなくても時間の計算が出来るようになります。

「足し算」や「引き算」の計算ミスをなくすために計算スペースを作り、途中式が正しく書けているかどうかも確認しています!

特に間違いが多い「○○分後」と「○○分前」の読み間違いについては、解く前に確認することを子ども達にお声掛けしています♪

 

「時計の計算」以前に「時計を読むこと」に躓くお子様もいらっしゃると思います。

オレンジスクール溝の口教室ではお子様に合った支援をご提案していきます。

学習について困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

 

 

***********************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、

ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール溝ノ口教室

【TEL】044-455-5661

【MAIL】mizonokuchi@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 溝ノ口

************************

溝ノ口教室の周辺には、高津小学校・東高津小学校・坂戸小学校・久本小学校・下作延小学校・上作延小学校などがあります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。