オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら放課後等デイサービスのオレンジスクール
発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さまに
「学習・勉強(教育)」「生活能力の向上」「社会性の基盤づくり」の側面を教育・指導いたします。

2017-03-11

「最近流行のアナログゲーム」オレンジスクール小岩教室 放課後等デイサービス 療育×教育

 オレンジスクール小岩教室では、子供達の社会性をトレーニングする観点から

アナログゲームを療育に取り入れています。アナログゲームを毎日の勉強の合間に

楽しみながらやっています。

 当教室の今の一番人気ゲームは、「ぴっぐテン」というカードゲームです。

ルールは次の通りですが、文章での説明は難しいです。とにかく指導員も子供も楽しんでいます。

 「9」はまだまだ、「10」はバッチリ!でも「11」以上になったらダメダメ。

合計が「10」になるようにカードを出せば、出ているカードをすべてもらえます。

でも「10」を超えてしまったら、まえの番の人にカードをとられてしまいます。

カードを順番に出していき、それらの合計が「10」またはそれを超えるまで続けます。

ちょうど「10」にして、たくさんカードを集めた人が勝ちです。

 このゲームの特徴は、10になるように計算をしますので、暗算ができるようになります。実際に計算が早くなったとお母さんから喜びのメールをもらったくらいです。

加えて同じ「ルールを守りあって楽しむ」、「集団参加」などいろいろと学んでいます。

これからもオレンジスクール小岩教室では、社会性トレーニングの観点から、新しいアナログゲームを療育に取り入れてまいります。

f:id:orangeschool_koiwa:20170311154701j:plain