オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-02-14

集中できる環境をつくろう!

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

 

インフルエンザや新型ウイルスなどが流行していますが、

小岩教室では、指導員も利用しているお子さんも元気に活動しています。

毎日の手洗い・うがいを忘れずに、気を付けて参ります!

 

 

今日は環境の配慮学習のやりやすさがUPする工夫をご紹介します^^

 

 

集中できる環境って?

 

 

学習中に 子どもが

 

 

など、集中力が続かない場面を見かけます。

 

 

その行動の理由の一つとして、

「視覚情報や聴覚情報の多さ」があげられます。

 

 

小岩教室では

目からの情報を少しでも軽減するために、

掲示物や置いているものを最低限にしています。

 

 

 

また、学習スペースと遊びのスペースを分けることで、

周りの声が届きづらい環境にもなっています。

 

 

ご家庭でも、「勉強する場所」「遊ぶ場所」を分けたり、

机の上の余計なものを片付けて、

スッキリさせるといいかもしれませんね!

 

 

ついたてを使って集中力UP!

 

 

こちらが小岩教室の指導員お手製の ついたて です。

100均のコルクボードを蝶番でつなげています。

 

 

とても簡易的なものに見えますが、

実際に使用してみると、周りの音や声のボリュームが軽減されます。

 

 

パッと顔をあげたときに、

見えるものが限定されているので、

興味が移りづらく、集中しやすいようです。

 

 

他にも耳栓・イヤーマフなどで物理的に聴覚を遮断することで

学習への集中力を高める方法もありますね^^

 

 

一人一人に合った環境で

 

子供によって、学習のやりやすさはそれぞれです。

 

小岩教室での学習時間は、特に座る場所は決めていないので、

お友達の隣、などのお気に入りの席がある子もいれば、

「今日は宿題終わらせたいから!」と自分から壁際の机を選ぶ子もいます。

 

子供たちが、最大限の力が発揮できるように

これからも適切な環境を整えたいと思います!