オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-04-21

新年度になりました!

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

 

 

3月は卒業式シーズンでしたが、今年度は今までに比べてご卒業されたお子さんが多かった年でもありました。低学年の頃から教室に通っているお子さんの晴れ姿はとても感慨深かったです。

 

また、中学生でも継続して通うことになっているお子さんも数名いらっしゃり、こちらとしては引き続き、一緒に学習をしたり関わりを持てることを嬉しく思います!

今後も学習支援を中心に、社会性や生活スキルなどのサポートを一緒に頑張っていきたいと思います。

 

学習の支援

新年度になり、中学校への進学・小学校では進級に伴ってクラスや担任の先生が変わったりと、新しい環境に戸惑っているお子さんが多く見られます。

 

 

普段、教室では基本的には持参した宿題に取り組んでもらい、その後教室で準備したプリントをやるようにお声掛けしています。教室のプリントは一人一人にあわせたものであり、苦手な課題の場合もあれば、学校の授業に合わせたもの・保護者様やご本人のニーズに沿ったものなど様々です。

 

毎年、この時期は持参している宿題をやっている様子を見つつも、前学年の復習学習習慣を維持するための「できる!」「やれる!」課題を中心に提供しています。

 

4月のスタートでつまづいてしまうとGW明けから夏休みまでのモチベーションが下がってしまい、そのままずるずると学習に向き合えない…なんてことのないように、できる限りお子さんと相談しながらも、自信を持って学習ができるような支援をしています。

 

指導員も気持ちを新たに!

4月から新しく教室に通うことになったお子さんもいらっしゃり、雰囲気がガラッと変わった曜日もあります。どの子たちも教室に来ることを楽しみにしているようなので、今後も教室で楽しい時間を過ごしてほしいなあと思っております。

 

また新しいお子さんに対して「教室で過ごすときのルール」を丁寧に伝えているのですが、もともと通っている高学年の子達も一緒に「教室の中は走らないんだよ」など優しく声をかけてくれる場面もあり、とても心強いです^^

 

わたしたち指導員も、子どもたちに伝えながら意識を改めて、実践していきたいと思います!