オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-02-18

在宅支援で子どもをサポートする

こんにちは。オレンジスクール小岩教室です。

年が明けてから感染者数が増え始めて、学級閉鎖・学年閉鎖などの対応をとっている学校さんが多く、ご利用しているお子さんたちも少なからず影響を受けています。

小岩教室では希望されるご家庭に対して、在宅支援を再開しています。以前も行っていた支援ではありますが、改めて内容をご紹介いたします。

 

小岩教室の在宅支援

基本的にはプリント課題の提供をメインとして、普段教室で取り組んでいたものと同等の内容・量で準備しています。当日にポスト投函もしくは、PDFデータをお送りしてご家庭のプリンターなどで印刷していただく形で課題をお渡ししています。

 

 

また以前やっていた際に、お子さん本人から、自身の様子や学校のこと・課題を取り組んでみてどうだったか、などの声を拾いきれなかった反省点を生かして、課題と一緒に「生活チェック表」を書いてもらうようにしました。

 

 

プリント課題の取り組みと同時に「自分の体調」「課題の難易度」などを振り返れる時間が作れます。「今日のひとこと」では「給食の○○がおいしかった!」「授業で△△をやりました」など、学校の様子が伝わってきて微笑ましいです^^

 

またプリント課題に対して「文章読解が少し難しかった」「プリントの見直ししました」などを書いてくれるお子さんもいて、意欲的に学習に向き合ってくれたんだな、と嬉しい気持ちになります。文章が苦手な子はイラストを書いてくれたりと子どもそれぞれに個性が出ています!

 

写真やFAXなどでご提出していただき、こちらで答え合わせをしてからその結果をもとに、保護者様と電話連絡にて、お子さんの「健康状態」「課題の取り組みの様子」「今後の課題の内容・量について」などを聞き取り、ご相談させていただき、次回以降の支援につなげています。

 

 

保護者様も、お子さんの様子をよく見て下さっているようで「この問題につまづいたから復習したい」「もう少し頑張れそうだからプリントを増やしてもいいかも」などのお声を頂き、対応しております。

 

教室内での感染症対策

 

在宅支援をご利用するご家庭もありますが、もちろん通所を継続しているご家庭もあります。まだまだ不安な日々は続いておりますが、小岩教室では◎マスクの着用◎消毒の実施◎車内含め常時換気を実施◎人との距離の確保◎黙食の徹底など、最大限の対策を実施しております。

 

 

指導時間中もできる限り、手が触れたところや椅子やテーブルなども適宜消毒をしています。

引き続き皆様に安心してご利用いただけるよう指導員一同、頑張りたいと思います!