オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-12-12

保護者会を開催しました!

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

12月に入ったのに急に暖かくなったり、

雨が降ったり不安定なお天気が続いていますね。

 

 

今日のブログでは先日、行われた

保護者会の様子をお伝えいたします。

 

小岩教室にて・・・

 

12月1日(土)

10:00~11:30の日程で

保護者会兼、講習会を開催しました!

 

 

オレンジスクールの研修担当の方をお呼びして

冬休みに向けての子供との関わりをテーマに、

お話をしていただきました。

 

保護者の方々には普段子どもたちが学習している

教室に来て頂いたので教室の様子を

肌で感じることができたかと思います。

 

 

講習の合間には保護者の方同士で、

意見を出し合う時間が設けられ、

横のつながりや指導員との関わりも見られました。

 

ご家庭でもできる取り組み

 

今回は子どもの行動・感覚について、がメインの

講習でした。その中でもわたしたちが

すぐにできる取り組みをご紹介いたします。

 

 

<怒りの感情に対するコントロールについて>

 

日常生活で、嫌なことがあったときに・・・

などの言動がよく見られると思います。

 

 

単純に興奮して周りが見えなくなっているようにも見えますが、実は、語彙力の少なさや感情表現の未熟さから

 

 

なんて言葉で表現したらいいのか?

どんな行動をしたらいいのか?

 

 

が「わからない」または「経験がない」ことが多いのです。そのような時に関わる方法として、、、

 

 

①マイナスの言葉を教える

→「くやしかった!」「イヤだったな」「残念!」などの言葉を覚えて使うことで、表現のレパートリーが増えて嫌な体験があっても感情をコントロールできます。

 

 

②切り替え言葉を教える

→「なんとかなるさ」「まあいいや」など感情を切り替える言葉を知って、使うことで適切な負け方を覚えることができます。

 

 

などが挙げられました。

 

 

講習のほんの一部ではありますが、

指導員を含めて、改めて考えさせられる

充実した保護者会兼、講習会であったと思います。

 

他にもご紹介したい内容がたくさんありましたので、またこちらのブログでお伝えしたいと思います。

 

冬休み、子どもがお家で過ごす時間が多くなるので、お子さんとの時間をゆっくり共有してみてはいかがですか?