オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-05-28

“書かない”漢字学習

こんにちは!オレンジスクール東戸塚教室です。

市内の小学校は運動会目前という学校が多く、当教室をご利用されているお子様たちにも日々の練習で疲れている様子が見られます。

気温も高くなりじめじめとした日が多くなってきましたので、こまめな水分補給と十分な休息をとって、万全の状態で本番に臨んでいただきたいです!

 

さて本日は、漢字学習についてのお話です。

 

漢字学習というとドリルやノートに何度も書いて覚える、というのが一般的かと思いますが、「何度書いても覚えられないよ!!」「そもそもそんなに何度も書いてられない!!」とお悩みのお子様も多いのではないでしょうか?書くことに苦手意識を持つお子様にとっては、漢字を何度も書くことが大きな負担となってしまい、漢字を覚えるどころではないことが考えられます。

 

そこで今回は、「全体像は何となく覚えているけれど、細かい部分で間違えてしまう」という漢字を対象とした学習方法をいくつかご紹介いたします♪

 

漢字パズル

分解された漢字のパーツを正しく組み合わせます。形の似ているダミーが含まれたパーツの中から同じものを選ぶためには、各パーツを手本とよく見比べなければなりません。

 

どっちが正しい?

正しい漢字と誤った漢字を提示し、正しい漢字を選びます。どちらかは正しい漢字ですので、難易度もそれほど高くなく、取り組みやすい問題だと思います。実際に取り組む際には、誤っている部分に印をつけることでより印象付けることが出来るかもしれません。

 

間違い探し

こちらのプリントでは漢字の一部分が誤っているため、その箇所を見つけて正しく書き直します。難易度を低く設定して手本となる字を見ながら間違えた箇所を探すことも出来ますし、レベルを上げて手本なしで取り組むことも出来ます。

 

 

 

このように、何度も書くことなく漢字を学習する方法はたくさんあります。書くことへの負担を減らし、ゲーム感覚で取り組めるということが取り組みやすさにもつながります。また、「間違い探し」と「どっちが正しい?」は教材を手書きで簡単に用意することが出来ますので、ご家庭でも取り組みやすい学習方法かと思います。漢字テストで間違えた字だけやってみるというのはいかがでしょうか?

 

どのように間違えたかによって必要な学習方法は変わります。また、学習方法には相性がありますので、自分に合ったものを見つけるという点からも、様々な方法を試してみることをお勧めいたします^^

 

************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。