オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-10-09

タイピングの練習

小学校ではプログラミング学習が必修化され、お子様たちはこれまでの世代以上にパソコンやタブレットに触れる機会が増えました。スマーフォンやタブレットのフリック入力に慣れているお子様もいらっしゃるとは思いますが、社会ではいまだにタイピング入力が主流となっています。

 

そこで本日は、オレンジスクール東戸塚教室でのタイピング練習についてご紹介したいと思います。

 

普段の学習の中でのタイピング

ローマ字を習得しているお子様には、調べものをしていただくときにご自身でタイピングをしていただく場面があります。文章を打つよりも負担が少なく、手軽に行えるのが良い点です。そのためまだタイピングに慣れていないお子様の練習にもってこいの活動です。

 

文字を打つことに慣れてきたら、タイピングゲームなどの活動に進んでさらにタイピング練習を行うお子様もいらっしゃいます。

 

文書写し

タイピングに慣れているお子様新聞や文書を書き写す活動を行っております。単語のタイピングでは触れることのない言いまわしや言葉遣いを練習することができ、また漢字や仮名、記号など様々な種類をタイピングする練習にもなります。

 

タイピングの練習だけでなく、文書中のわからない言葉をパソコンや辞書で調べる活動なども取り入れやすいです。また、予測変換機能をオフにすると、正しく読み仮名を入力しないと漢字が出てこないようになりますので、漢字を読めているかの確認も出来ますね。

 

文章を考えてタイピング

文書写しはもともとある文章を写していただくものですが、文章を自分で考えて、それをタイピングしていただく活動も行っております。テーマはどのようなものでも構いませんが、お子様の好きなものや得意なものについて考えていただいています。

 

タイピングをすること以外に文章を考えるという負担が増えますので、タイピングがそれほど負担とならないお子様におすすめの学習です。

 

手書きが苦手で文字を書くことに抵抗感があっても、タイピングならすらすらできるというお子様もいるかと思います。書くことがハードルとなってできないことが増えてしまうのはとてももったいないですよね。その点、タイピングは書く負担をなくして様々な活動に取り組んでいただくための手段となります。

 

以前よりも触れる機会も必要性も増してきたタイピングですが、書くことが苦手な方にとってはとても頼りになるスキルです。

オレンジスクール東戸塚教室では、タイピングの練習を通じて様々な活動に挑戦できるよう支援を行ってまいります。

 

************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。