オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-03-17

漢字を定着させるための支援

オレンジスクール あざみ野教室です。

 

今年度も残り2週間となり、1年の総復習に取り組んでいるお子さまは多くいらっしゃいます。

漢字の練習については、以前 まずは漢字に慣れる ことに関しての取り組みを紹介させてもらっています。

今回は慣れたあと、漢字を定着させるための支援についていくつかご紹介します。

 

 

練習した直後に復習

『族』『旅』など、学年があがるにつれ複数のパーツを組み合わせた漢字似たような漢字を学ぶことになります。

そのため、間違いやすい漢字が多くなってきます。

練習の際には、見本の文字をいくつかのパーツにわけマーカーで区別をします。

また漢字の種類は3~5種類程度と少なめにすることで、集中が途切れることなく正しく書き終えることができます。

練習後には復習テストを行っています。

書いた直後に『テスト』を行うことで、「見ないでも書けた!」「テストができた!」という達成感を得る事ができます。

 

時間をおいて復習

何度書き取り練習をしても、覚えることができなかったり、書き取り練習が『作業』になってしまうお子さまもいらっしゃいますよね。

このプリントでは、日にちをあけて同じ漢字の練習を行っています。

1度目に行う際には、「次のときに同じ漢字のテストがあるよ~」と伝えることで、『練習』を意識して漢字を書く事ができます。

2回目以降に行う際には、前回間違ってしまった問題にマーカーを引いて意識して取り組んで貰います。

この時に「前回のこの漢字、覚えてるかな?」と声をかけ意識してもらうことで、思い出す時間きっかけを得ることができます。

 

 

覚えたら丸を付けることで記憶に残す

以前にご紹介した、覚えた漢字に印をつけるプリントも継続して行っています。

丸を付けることや増えていくことで達成感を得られることと併せて、丸をつける際にお話していたことなどとも関連付けていくことも行います。

関連付けることで、正しい漢字を思い出すための引き出しを一つ増やすことができます。

 

何度も同じ問題に取り組むことは、あまり楽しい作業ではありませんが、その中でも小さな達成感があると漢字学習への意欲にもつながりますね!

今後も習った漢字の定着が図れるよう、お子さまの特性にあった支援を行ってまいります。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

じっとしているのが苦手
準備や時間管理が苦手
空気がよめない
周囲が気になり集中できない
こだわりがあり学習にも偏りが多い
文章を拾い読みしてしまう
意外なことで突然癇癪を起す
言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
不登校で勉強が遅れている
整理整頓が苦手
朝の準備に時間がかかる
算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。