オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-09-11

どんな気持ち?なんて伝える?

こんにちは!

放課後等デイサービス オレンジスクール あざみ野教室です。

 

新学期を迎え、学校生活が再スタートしましたね!

毎日たくさんの友達と過ごしていれば、楽しいこと・うれしいこと・悲しいこと…いろんな思いが出てくるのはしぜんなことです。

しかし、相手の顔色が読めなかったり、逆に深読みしてしまったりと、相手の気持ちをうまく汲み取れず、友達付き合いに自信をなくしてしまっているお子様、心配している保護者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

あざみ野教室では、子どもたちが安心して過ごせる居場所になるとともに、友達との関わり方を学ぶトレーニングを行っています。

 

どんな気持ち?

絵カードを使い、相手の表情から気持ちを読み取る練習を行っています。

口元が上がっていて目元にしわができている→(うれしい)

口元が上がっているけど眉は下がっている→(困っている)

口元や眉が下がっている→(困っている)

このように、いろんな表情のイラストを用意し、目元や口元、頬など、顔全体の様子から気持ちを想像する取組を行っています。

 

なんて伝える?

相手の気持ちを理解すると同時に、自分の気持ちを伝える方法も学んでいます。

わからないとき→「手伝ってください」

勝負に負けた時→「くやしい」「次はがんばるぞ」

といったように、ネガティブな気持ちもうまく発せられるようにすることで、伝え方を学ぶだけでなく、自分の気持ちをコントロールできるようになることを目指しています。

 

実際の療育場面で

教室の友達と遊んでいく中で、「一緒に遊ぼう」と仲間に入ったり、「ごめんね」と仲直りをしたりと、友達との関わり方を体験しながら学んでいきます。うまく伝えられないときは、職員と一緒に気持ちを整理したり、伝え方を考えたりしていきます。また、少人数のため、ゆっくり自分のペースでトレーニングしていくことが可能です。

 

このように、相手の気持ちを読み取ったり自分の気持ちを表現したりする練習を行うことで、友達との関わり方がスムーズに行えるよう支援を行っています。

今後も、子どもたちがどこに躓いているのか、理由を探りながら、彼らに合った支援を提供していきたいと思います。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

 

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。