オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-12-11

どうして工作の時間があるの?

こんにちは、オレンジスクールあざみ野教室です。

朝晩だけでなく、日中も寒さを感じる今日この頃になりましたね。

 

コロナだけでなく、これからの季節流行するインフルエンザにも負けないよう気を付けなければなりません。

手洗い・検温・換気の徹底や、お子さまが帰った後の机やおもちゃの消毒など様々な対策をおこなうことでお子さまたちが少しでも安心して過ごせるよう心掛けています。

 

 

 

あざみ野教室では「勉強」「遊び」「読書」のほかに主に月初め、季節の作品を作ってもらう「工作」の時間があります。

 

今回は、この「工作」の時間に注目してお話していきたいと思います。

 

 

どうして工作の時間が?

勉強の時間は学力の向上や学びの習慣化、遊びの時間はお友達と関わる中での社会性の向上、読書は読解力や創造力の向上というように様々な効果や発育を促すことをねらいとして設定されています。

 

工作の時間はどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

キーワードは…感覚統合!

人間には五感といわれている周囲の状況を判別するための感覚の他に、生存するために無意識に発動している原始感覚というものがあります。

 

この原始感覚が幼少期に養われていないと、大きくなってもその感覚の刺激を求めようと動き回ってしまったり不自然な姿勢を好んだりと、安定した学習姿勢が取りづらくなってしまうといわれています。

 

キーワードとして挙げた感覚統合は、原始感覚などを刺激する感覚遊びを通してまずは適切に身体を発達させることで勉強や運動、コミュニケーションの発達を促すアプローチになります。

 

 

 

つまり、工作の時間に手先を使ったり様々な感覚を磨いたりすることで安定した学習姿勢づくりだけでなく運動能力の向上やコミュニケーションスキルの発達に繋がるのです。

 

おうちでできるアプローチ

おうちで感覚統合を取り入れる場合はこのようなアプローチがあります。

…縦横斜めと身体全体に大きな刺激を促すことができます。

…触覚を豊富に使うことができます。

 

 

 

また、スキンシップを取ることも感覚統合において大切なアプローチの1つといわれています。

 

 

 

 

 

お子さまみんなが大好きな工作の時間には、実は大きな可能性が秘められていたのですね!

本ブログでも過去記事にてお子さまたちの作品をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

これからも工作の時間を通して、日本ならではの四季の移ろいを味わうと同時にたくさんの感覚を養っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

 

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。