オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-12-11

辞書を引く習慣を身につけよう!

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

今年もおしせまってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

この時期になると2学期に習った漢字の総まとめプリントを宿題として出す学校がありますね。青葉台教室でも、その宿題を持ってきてくれる子が増えてきました。

ただ、漢字が苦手な子にとっては、取り組むのが難しい宿題かと思います。

 

そして聞くところによれば、小学校に在学している間に習う漢字は約1000文字だとか。

この量になると、一度練習しただけで覚えるのは誰だって難しいですよね。

 

そこで必要となってくるのが、漢字を復習すること。そして、漢字を”調べる”ことです。

 

今回はその”調べる”に着目をして、青葉台教室での取り組みをご紹介したいと思います。

 

漢字一覧表

 

 

青葉台教室では、分からない漢字を調べる際にこの『漢字一覧表』を活用しています。

赤いエリアが1年生、オレンジのエリアが2年生などと各学年ごとに分かれており、さらに音読みがあいうえお順で並んでいるため、コツを掴むと探しやすい一覧表となっております。

 

中には、職員と一緒に「どっちが速く見つけられるかな?」と勝負をして漢字を探すこともあります。ゲーム感覚で取り組むことで、子どもたちも取り組みやすくなりますね。

 

国語辞典・漢字辞典

 

 

そして、青葉台教室では辞書を引く習慣を身につけられるように支援を行っています。

 

子どもたちからよく、「この漢字が分からないから、教えてください。」という質問を受けます。その際に、「じゃあ、辞書を使って調べてみようか。」と声をかけています。もちろん、誰もが最初から辞書を引けるわけではありません。

 

辞書の引き方が分からない子や、かつて辞書を引いても漢字を見つけることができずに辞書を信頼することができなくなった子など、辞書に対して苦手意識がある子はたくさんいます。

 

だからこそ、それぞれに合ったステップから辞書の引き方をお伝えしています。

 

辞書の引き方が分からない子に対してはまずは辞書の引き方から伝え、辞書を信頼することができない子に対しては、まずは職員が辞書を引いてみせて答えが確実にあることから教えます。

他にも、例えば小学生に対しては小学校で習う漢字しか載っていない辞書を提供するなど、工夫を行っています。

 

これらは日々の積み重ねが重要となっており、声かけを続けることで今では青葉台教室に通う子どもたちの半分以上に辞書を引く習慣が身に付きました。

 

漢字を覚えることが難しいという特性がある場合、何度も漢字を練習するのは子どもに苦手意識を植え付けてしまい、悪循環となってしまいます。

そうならないためにも、辞書を引く習慣を身につけるといった別の視点からの支援が必要となります。

 

このように、今後も様々な視点から子どもたちに支援をさせていただきます。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。