オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-09-25

本と触れ合う機会について

こんにちは、オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

風の快い季節となりましたが、いががお過ごしでしょうか。この季節はスポーツの秋や食欲の秋、そして芸術の秋など〇〇の秋と例えられますね。

 

青葉台教室では『読書の秋』として、この時期には読書に関するブログを書かせていただいております。

これまで『読書の時間』では読書の時間の過ごし方を、そして『読書感想文の書き方について』では感想文の書き方をご紹介してきました。

 

そこで今回は、『本と触れ合う機会について』と題しまして、青葉台教室で行っている読書の支援を新たにご紹介いたします。

 

本と触れ合う機会について

 

 

青葉台教室では日々30分~45分間の『読書の時間』をプログラムしています。この時間には子どもたちがそれぞれ本を読み、読んだ本の感想文を書いています。感想文などについての詳細はこれまでご紹介した記事にも記載しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪

 

そして、青葉台教室では100冊以上の本を用意し、また、地域の図書館でも団体図書を利用して本を借りています。

こうすることで、子どもたちは自分にとって好きな本を選ぶことができ、さらに、色々な種類の本と触れ合う機会にもなります。

 

自分にとって好きな本を見つけることができれば、『読書の時間』もさらに楽しく過ごすことができますね♪

 

おすすめ本】一覧表について

 

ただ、「好きな本ばかりではなく、もっと他の本も読めるようになれば・・・。」「絵本以外の本にもチャレンジしてみてほしい。」「そもそも、どの本を読んだらいいのか分からない。」といったお悩みを抱えるご家庭もあるのではないでしょうか。

 

 

そこで、青葉台教室ではおすすめ本を用意しています。

 

おすすめ本は青葉台教室にある本の中から職員が選んだ子どもたちにとって読みやすい本、また、子どもたちにチャレンジしてみてほしい本が書かれた一覧表です。

 

シリーズで記載しているものもあれば、本のタイトルを記載している場合もあります。こうすることによって、「このシリーズ面白いのかな?この中から選んでみよう。」「この本を読んでみようかな。」など子どもたちに色々な種類の本を知ってもらう機会を作ることもできます。

 

また、オレンジカード(目標達成カード)には『おすすめ本を読むことができた!』という目標を設定しているため、この目標を達成するために普段は手に取らない本に挑戦する子もいますよ(*^^*)

 

今後も子どもたちが色々な種類の本に触れ合う機会が作れるように、教室の環境作り、そして子どもたちへの声かけなど支援をさせていただきます。

 

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。