オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-11-22

推理力を培う遊び【レシピ】

 

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

11月も後半に差し掛かり、落ち葉が風に舞う季節を迎え、気づけば日が落ちる時間がすっかり短くなりましたね。

 

子どもたちは、運動会など秋の行事を終え、身体に疲れなどが出始めるころですので、職員一同、子どもたちの様子を伺いながら支援しております。

 

 

 

「推理力」を培う遊び【レシピ】

 

さて、今回は料理をテーマにした「レシピ」というカードゲームをご紹介させていただきます♪

 

こちらのおもちゃは非常にルールがシンプルであり、カードゲーム初心者のお子さまも取り組みやすく、おすすめな遊びでございます。

 

 

 

カードには文字に加え大きなイラストが描かれており、気軽に料理の名前や食材の名前を覚えることができます。

 

思わずカードを見たときに「美味しそう!」「これ好きなんだよね。」と子どもたちからの反応があり、カードをきっかけに自然と会話が生まれる効果もみられています。

 

 

遊び方紹介

 

まず、はじめに「キッチンカウンター」を人数分用意し、「メニューカード」からランダムに1枚カードを引きます。

 

そして、引いたメニューカードに書かれた必要な具材に合わせ、「ぐざいカード」を集めていきます。

 

 

ぐざいカードを集める方法は2つあります。

 

自分の手札から、いらないぐざいカードを場に出し、山札からカードを1枚引く。

誰かが出したぐざいカードが欲しいときは「レシピ」とコールし、いらないカードと交換する。

 

自分の選んだメニューのぐざいカードを集め、早く料理を完成させた人が勝つというルールです。

 

 

 

青葉台教室では、集めたカードを裏返し相手に見えないようにするルールから変更し、めたカードを表向きに並べ、集めたカードをオープンに相手にみせる方法で多く遊んでいます。

 

こうすることにより、相手の具材から何をつくっているのか、予測が立てやすくなります。

 

相手の陣地に並べられたカードから、どのカードが欲しいのか推理し、カードを渡さないように選んでいくという「推理力」「思考力」を培うことができるのです。

 

 

また、こちらのメニューカードには『和食』『洋食』『中華』に加え『デザート』などの種類が豊富にあり、 遊びを通じて料理名や具材の名前を覚えることができるため「食育」に繋がる学びを得ることもできます。

 

 

青葉台教室ではカードゲームから推理力を培えるような環境を作りつつ、楽しみながら学びを得られるように、引き続き療育をおこなってまいります。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成 長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つつじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。