オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-10-22

大きい数のかけ算について

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

10月も後半に入り、冷たい風が吹く日が多くなりましたね。

そんな中、学校によっては運動会が行われたところもあり、子どもたちからは「運動会頑張ったよ!」「みんなでダンス踊ったんだ。」といった話がきかれるようになりました。

 

さて、運動会が行われるこの時期に、学校ではどのような授業を行っているのでしょうか。

 

運動会の練習と平行して行うこの時期の授業では、単元によっては子どもたちが躓きやすいものを取り扱います。

学年などによってその単元は様々ですが、今回は小学三年生がこの時期に躓きやすい「大きい数のかけ算の筆算」についてお話させていただければと思います。

 

 

大きい数のかけ算のしかたを考えよう!

 

この時期、小学三年生は2桁×1桁や3桁×1桁の筆算を習います。

その際に必要となるのが、九九の暗記、そして繰り上がりです。

 

これまでも足し算の筆算などで繰り上がりは行ってきましたが、かけ算の筆算となると繰り上がりの数がより大きくなります。

 

また、数が大きくなればなるほど計算の過程も増えるため、いざ筆算に書き表してみるとどの数字を使えばいいのか分からない、といったことがあるのではないでしょうか。

 

そこで、青葉台教室では以前も「算数の学習支援について」でご紹介した筆算用の問題用紙をご用意しています。

 

 

繰り上がりの数字を書く欄をオレンジ色で色付けしているため、どの数字を足せばいいのかすぐに分かりますね。

 

ただ、発達障害の特性の一つとして文字をバランス良く書く枠の中に収まるように小さく書くといったことが苦手な場合があります。

 

そこで、その苦手なことによって躓かないように専用の問題用紙をご用意しました!

 

 

数字を収める枠を全て示し、また、繰り上がりのやり方も工夫して行えるようにしています。

以下に、例を挙げてご説明します。

 

 

かけ算の過程をそれぞれ段を分けてかくことで、計算の過程がより明確に分かるようになりました!

 

繰り上がりの過程でどの数字を足したのか、どの数字は足していないのかで混乱することはありませんか?

 

これまでの問題用紙では、繰り上がりの数字を罫線上に書くことができるようにしていました。

しかし、今回新たにご用意した問題用紙では、繰り上がりの過程をより分かりやすく書くことができるように工夫しています。

 

この問題用紙では繰り上がりの足し算を最後に行うため、繰り上がりを忘れることもなく、また、どの計算を行っていないかで混乱することもありません。

 

このように、青葉台教室では苦手なことがあるが故に学習で躓くことがないよう学習支援を行っています♩

 

今後も子どもたちそれぞれに合った問題用紙を提供させていただきますので、またご紹介させていただければと思います。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成 長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つつじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。