オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-04-23

外での活動を通した支援について

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

つい最近までポカポカとした春の暖かい陽気に包まれていましたが、ここ数日は初夏のように日差しが強い日が続いていますね。

子どもたちも教室に登校すると半袖半ズボンの姿で「暑い~!!」と話してくれます。

 

しかし、本格的な夏に入る前のこの時期は外遊びに絶好の機会です。

そこで、青葉台教室が春休み期間に行った公園遊びについて今回はご紹介させていただきます♪

 

公園遊び

 

 

今回、避難訓練の際に教室から公園への避難ルートを確認しました。

 

避難訓練の詳細に関しては以前「(地震を想定した)避難訓練を実地致しました!」「火災を想定した避難訓練を実地致しました!」という記事でそれぞれご紹介しているため、そちらにも目を通していただけますと幸いです。

 

そしてそのときに、訓練を真面目に参加することができたご褒美として普段はなかなか行うことができない公園遊びをしました!

 

 

ちょうど桜が満開の時期だったこともあり、子どもたちと一緒にお花見気分を味わいながら楽しく遊ぶことができました(*^^*)

また、青葉台教室では子どもたちが公園で楽しく遊べるように色々な玩具を揃えています!

 

 

中でもこの時期に人気なのはボールを使った遊びです。

特にドッチボールは大人気でじゃんけんなどでそれぞれチームで別れるときもあれば、子ども対大人(職員)で戦うときもあります。

 

普段は教室の中でボールを投げたり、身体を大きく動かす機会が少ない子どもたち。そんな子どもたちにとって少しでもリフレッシュできる時間になればと思い、職員も全力でドッチボールに参加しています!

 

他にも、砂場遊びシャボン玉遊び、夏には水鉄砲遊びなど、どの遊びに対しても子どもたちや職員は楽しく身体を動かしています。

 

 

公園遊びだからこそできる支援

 

また、公園遊びだからこそできる子どもたちへの療育支援もあります。

 

 

例えば、公園に到着するまでの交通ルールについても支援をしています。交通ルールの注意すべき点や横断歩道の渡り方など、集団の中で行動する上で大切なことを子どもたちには詳しく伝えています。

 

普段から伝えていくことで、実際に地震が起きたときにも注意をして行動することができますね。

 

他にも、遊びの中ではチームの分け方やルールの決め方、もしルールを破ってしまったとき、もしくは破られてしまったときの対応の仕方など公園遊びならではの行動について支援をしています。

 

近年、ゲーム機やスマートフォンの普及により、外で遊ぶ機会が少なくなりつつある子どもたち。そんな中でも、外で身体を動かすことは楽しいということをより知ってもらえるように、機会があれば今後も子どもたちとの外での関わりも大切にしていきながら支援をさせていただきます。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。