オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-09-10

火災を想定した避難訓練を実施致しました!

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

突然ですが、9月1日は何の日かご存知でしょうか。

9月1日防災の日といわれ、台風、火災、地震等の災害についての認識を深め、それらに対処する心構えを準備するための日として制定されています。

 

また、8月30日~9月5日までは防災週間として、全国各地で防災訓練や防災意識を高め、防災知識を普及・啓発するための行事が行われます。

 

そのため、青葉台教室では夏休みの期間を利用して避難訓練を実施しました!

前回は地震を想定した避難訓練だったため、今回は火災を想定した避難訓練です。

 

火災を想定した避難訓練について

 

今回も前回と同様に座学15分、実際の訓練を15分として行っています。座学では、火災が起きた際にどう行動すればいいのかを分かりやすくしたプリントを用意しました。

 

 

プリントにもあるように、火災が起きた際には【煙を吸わないように、ハンカチを口に当てて姿勢を低くして避難する】ことが大切です。

そのため、今回は予め子どもたちにはハンカチを持ってくるようにお知らせするとともに、日頃からハンカチを持ち歩くことの大切さをお伝えしました。

 

そして、【お・か・し・も・ち】のお約束も確認しました!

 

 

前回の避難訓練が春休みだったため、1年生たちは初めての避難訓練です。既に学校で避難訓練に参加し、【お・か・し・も・ち】のお約束を知っている子もいましたが、初めて知る子もいます。

そのため、知らない子たちはお約束を覚えることができるように、知っている子たちはお約束を再確認できるようにそれぞれお話しています。

 

【お・か・し・も・ち】に関しましてはブログでも前回ご紹介しましたが、大切なお約束のため再度ご紹介させていただきます。

 

 

以上の頭文字を取って、【お・か・し・も・ち】のお約束としています。

 

そして、お約束を記入することができた子どもたちは挙手をして発表をしてくれました!

 

その際に、「火事で教室が燃えていると危ないから、【も】どりません。」や、「先生のお話が聞こえなくなるから、【し】ゃべりません。」など具体的に発表をしてくれた子が何人かおり、子どもたちの防災意識の高さが伺える場面が何度もありました。

 

学校やオレンジスクール等で避難訓練に参加することにより、子どもたちの防災意識が高まるのは大切なことですね。

 

実際の訓練にもしっかりと参加した子どもたち。初めて参加した子の中には緊張した面持ちの子もいましたが、職員がサポートを行うことで無事に最後まで参加することができました。

 

また、避難訓練後には訓練の振り返りを子どもたちと行うとともに、職員間でも訓練内で新たに見つけた反省点や今後の課題を再確認しました。

 

これから火災が多い季節となりますので、今回の訓練を生かしながら、子どもたち、そして職員が日頃から防災について意識できるように努めて参ります。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。