オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-10-08

正しい姿勢で学習しよう!

こんにちは。オレンジスクール鶴見教室です。

10月に入り、「もうすぐ運動会だよ!」というお子さまの声がよく聞かれるようになりました。運動が得意なお子さまも苦手なお子さまも、素敵な思い出が出来るといいなと思っております。

 

さて、今回のテーマは「姿勢」です。

お子さまが学習している様子を見ていると、「姿勢」が気になることはありませんか?足を椅子に乗せたり、お尻が半分落ちていたり…傍から見ているととても気になりますよね。

そこで今回は「なぜ姿勢が悪くなるのか」と「姿勢改善のためのアプローチ方法」についてご紹介いたします。

 

姿勢の悪い椅子に座る男の子のイラスト

 

なぜ姿勢が悪くなるの?

姿勢が悪くなる原因は様々です。

他にも原因は多岐に渡ります。姿勢を改善しようと思った時、それぞれの原因に合ったアプローチをする必要があります。

 

例えば、視力が低下している場合、

見えにくい

見えやすくするため、文字に近づく

猫背になる

猫背が習慣化してしまう

 

というサイクルが発生しています。

視力検査のイラスト(目が悪い)

この事例の場合は、「姿勢を良くしましょう!」と声を掛けるだけでは改善は難しいですね。「見えない」という原因を取り除く必要があるため、まずは視力の矯正をする必要があります。

 

良い姿勢を保つための対策

さて、根本の原因を改善したら、次は姿勢に対する「意識」を高めてあげる必要があります。

ここからは意識を高める具体的な方法についてご紹介いたします。

 

・日頃の声掛け

日頃の声掛けには、「気付かせる」声掛けと「褒める」声掛けの2種類があります。

「気付かせる」声掛けは、例えば「足を床につけましょう」や「お尻を椅子に乗せましょう」といった、『お子さまにどこを改善して欲しいか』伝える声掛けです。学習に集中していると、だんだんと姿勢の意識が薄れてきて、悪い姿勢になることがあります。声を掛けてあげることで、「そうだ、正しい姿勢でいなくちゃいけないんだ!」と思い出すキッカケを与えることができます。言いすぎにならないよう、適度に声掛けをしてあげましょう。

 

どちらかと言うと「褒める」声掛けが多い方が良いでしょう。お子さまが良い姿勢で学習できた時には、「すごく良い姿勢だね!」とぜひたくさん褒めてあげましょう。お子さまのモチベーションに繋がるはずです。

 

・体幹トレーニング・バランスゲーム

体幹を鍛えることも姿勢保持に繋がります。体幹を鍛える代表的な方法としては「トレーニング」が挙げられますが、外遊びやトランポリンなどの運動、バランスボールなどでも体幹を鍛えることが可能です。

ゲーム感覚でバランス競争などをしても楽しいかもしれませんね。

バランスボールで遊ぶ子供のイラスト

 

・椅子の工夫

オレンジスクール鶴見教室では、「正しい姿勢で学習できる椅子」をご用意しています。

 

いくら「よい姿勢を意識しましょう」と声を掛けても、学習に集中していると、だんだん崩れてきてしまいます。

こちらは「椅子」を変える事で、「無意識」で良い姿勢を取れるようにアプローチすることができます。

 

また、このような椅子を使う事で、正しい姿勢を知る機会にもなりますね。

 

ちなみに、「高い椅子(足が地に着かない椅子)」を使うことも、姿勢が悪化する原因を作ります。ご家庭の椅子の高さを調整できるようであれば、変えてあげましょう。

 

・意識づけの工夫

「このプリントをやる間は、お尻を椅子につけよう」など、姿勢に意識を持っていけるようなプリントを用意しています。ずっと意識することは大変でも、「この間だけ」と決まっていれば頑張れますね。

他にも、大人と子どもで一緒に「姿勢保持ゲーム」をしても良いかもしれません。

 

まとめ

今回様々な原因と改善方法案をご紹介いたしました。

お子さまに合った改善方法が見つかると嬉しく思います。

 

************************

【オレンジスクール鶴見教室】

TEL:045-633-4822

FAX:045-633-4821

〒230-0051

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目24-10 エスティエスビル2階