オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-03-30

鉛筆の持ち方について

こんにちは。オレンジスクールピコ溝ノ口教室です。

桜が咲き、3月ももうすぐ終わりですね。

年長さん、ご卒園おめでとうございます。

ドキドキ、ワクワクの入学式がもうすぐですね。

年中さん、年少さんは進級ですね。ピコでも、「次は〇〇組になるんだよ!」と嬉しそう教えてくれています。

 

本日は学習の基本となる、鉛筆の持ち方についてお話をしたいと思います。

 

 

鉛筆の正しい持ち方

〇親指と人差し指と中指の3本の指で鉛筆を持ちます。

〇鉛筆を持つ位置は鉛筆の先から25ミリ程度(幼児、児童の場合)

〇人差し指に沿わせて鉛筆を持ちます。

〇鉛筆を傾けるのは50~60度

文章で書くと難しくなりますが、写真のような持ち方が正しい持ち方になります。

 

 

正しく鉛筆を持つメリットは?

正しく持つメリットって考えたことがありますか?

 

実は大きなメリットが存在しています!!

 

①鉛筆の先に力が伝わるので、筆圧が濃くなる。

②余分な力が入らないので疲れにくい。

③疲れにくいので、長時間集中できる。

④姿勢がよくなる

⑤キレイな字が書ける。

 

こんなにたくさん良いことがあるなら、お子さまにも正しい持ち方を覚えてほしくなりますよね。

 

 

ご家庭での取り組み方のご紹介

・持ち方を練習するための補助器具の使用⇒持つ位置や持ち方の定着に役立ちます

・塗り絵⇒薄く塗るや濃く塗るなど、筆圧の調整の練習になります

・指先を使うパズルやブロックなど、様々な遊び⇒指先を使う遊びを行うことにより、指先の器用さがついてきます

※指先の器用さも、鉛筆を正しく持って書くことに繋がっていくので、とても重要になってきます。

・鉛筆の持ち方を教えてくれる動画もあるため、実際に見ながら行うのも効果的です。

 

 

 

一番大事なことは、正しい持ち方で書こうと頑張っていることや、正しく持てていることを褒めることです。

 

 

どうしても、出来ない部分に目がいってしまうと思います。しかし、褒められると「自分は出来ているんだ」という自信に繋がり、定着しやすくなります。

 

※上記のやり方がすべてのお子さまに当てはまるとは限りません。お子さまによっては、補助器具の感触が嫌な場合もあります。

 

 

 

癖がつく前に

保護者の方の鉛筆の持ち方はいかがでしょうか?

正しく持てていますか?

私は、癖がある持ち方をしてきたため、正しい持ち方に修正するのが大変でした。

ぜひとも、癖がつく前に正しい持ち方の習慣をつけて欲しいと思います。

 

 

新年長さん、年中さん、年少さん。新しい1年が始まりますね。

オレンジスクールピコと一緒に楽しい1年にしていきましょう!

 

お子さまの成長で気になる点がございましたら

お気軽にお問合せください。

 

************************

児童発達支援 オレンジスクールピコ 溝ノ口教室

【TEL】044-822-2221

【MAIL】pico-mizonokuchi@orangeschool.jp

【問い合わせ】児童発達支援 オレンジスクールピコ溝ノ口教室

【アクセス】田園都市線「溝の口」駅 徒歩9分

JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 徒歩9分

田園都市線「高津」駅 徒歩9分

************************

 

高津区(久本・坂戸・末長・北見方・諏訪・溝口・下作延)・宮前区・中原区・多摩区 「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。