オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-07-02

児童発達支援とは・・・?

こんにちは、オレンジスクールピコ溝ノ口教室です。

7月に入り、幼稚園や保育園等も通常登園が再開し、徐々に日常の生活が戻って来たかと思います。

 

溝ノ口教室も感染防止の対策を万全なかたちで実施しながら、毎日元気に開所しています!

 

オレンジスクールピコ溝ノ口教室は0歳から6歳の未就学児を対象とした児童発達支援事業所となっております。

今回は児童発達支援について、ご利用の流れまでをお話いたします。

円陣を組んでいるイラスト

 

 

児童発達支援とは・・・?

児童発達支援事業所とは、障害児通所支援施設の一つで、小学校入学前までの未就学のお子さまが、お住まいのお近くの地域で療育や支援を受けることができる施設となっております。

事業所によって日常生活の自立支援や機能訓練を行ったりするほか、運動や学習をメインとした療育を実施している施設等、運営形態はさまざまです。

 

 

 

ご利用について

では、児童発達支援事業所はどのようなお子さまがご利用できるのでしょうか…?

 

一般的には、1歳半検診や3歳児健診で、療育の必要があると認められた場合に検討をされる方が多いです。

また、幼稚園や保育園に通園している中で先生方に専門的な療育を勧められたという方もいらっしゃいます。

その他にもご家庭で子育てをしている中での困り感が強くなってしまったり、お子さまの発達や成長に不安が見られる場合等、検討理由はさまざまです。

 

ご利用のご検討をされている方はまずは是非一度、お気軽にご相談ください。

 

 

 

受給者証について

児童発達支援事業所において療育を受けたいというご希望がある場合には、「受給者証」を発行する必要があります。

 

受給者証は、医学的な診断がついておらず、療育手帳(自治体によって呼び方が異なります)等の障害者手帳を取得していない場合でも、

お住まいの自治体で児童発達支援事業所(児童福祉法に基づく障害児通所支援事業所)の利用を申請をすることにより、

発行が可能となります。

 

 

 

料金について

2019年10月より、幼稚園教育・保育園の無償化がスタートしました。

それに伴い、児童発達支援事業所等の障害児通所支援施設の利用料においても

無償化が適用されているため、原則ご家庭のご負担額は発生いたしません。

 

ただし、無償化対象となる児童は、

満3歳になった後最初の4月から小学校入学までの3年間であり、

0~2歳児のお子さまは対象外となりますので、お気をつけ下さい!!

 

 

 

オレンジスクールピコ溝ノ口教室について

オレンジスクールピコでは5つのカリキュラムに沿って、

約1時間のプログラムを設定し療育を実施しています。

溝ノ口教室の詳しい療育内容についてはピコのHPにて紹介しておりますので、ぜひ下記をクリックしてご覧ください!!

 

***********************

オレンジスクールピコ 溝ノ口教室ホームページ

***********************

お子さまの成長でお困りのこと、子育てについて悩んでいることがございましたらお気軽にご相談ください。
体験・見学は随時受け付けております。

************************

児童発達支援 オレンジスクールピコ 溝ノ口教室

【TEL】044-822-2221

【MAIL】pico-mizonokuchi@orangeschool.jp

【問い合わせ】児童発達支援 オレンジスクールピコ溝ノ口教室

【アクセス】田園都市線「溝の口」駅 徒歩9分

JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 徒歩9分

田園都市線「高津」駅 徒歩9分

************************

 

高津区(久本・坂戸・末長・北見方・諏訪・溝口・下作延)・宮前区・中原区・多摩区 「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。