オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-04-03

言葉を楽しもう!

幼児期のお子さまの発達において、「言葉」は重要です。言葉を獲得して会話をし、人と関わり、楽しさを共有します。

今回はそんな「言葉」の活動についてご紹介いたします。

 

楽しんで言葉に触れよう!

オレンジスクールピコ東戸塚教室では、プリント学習を通じて言葉に触れています。しかしそれだけでなく、ゲーム感覚で楽しく言葉に触れたりクイズにしたりと、楽しく且つ自然に言葉に触れられるようにしています。

 

<言葉を楽しむ活動例>

【言葉あつめ】

「言葉あつめ」はプリント学習中に行います。

 

たとえば「き」を学習する時。

「『き』のつく言葉、何か思いつくかな?」とお子さまにクイズを出すと…

「きりん!」

「きいろ!」

「きゅうきゅうしゃ!」

など、たくさん思いついた言葉を教えてくれます。

 

出してくれた言葉は、プリントに書き込んでいきます!

(もしなかなか出てこない時は、大人が出してあげてください。お子さまの名前や、好きなものの名前だと喜ぶと思います!)

 

「き」のつく言葉は、頭文字でなくても大丈夫。

「どきどき」の「き!」を挙げてくれるお子さまもいらっしゃいます。発想の豊かさに驚かされます!

 

【言葉の並び替え】

子どもの頃に、自分やお友達のお名前を逆から読んで楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

こちらはその要領で言葉を逆さにしたり、並び替えて遊びます。

 

〇書いてある文字の順番を変える

・お名前を逆さまに読む

・5文字程度の単語「ありがとう」「おやくそく」などを逆さまに読む

・お子さまに文字カードを好きに並び替えてもらい、読んでもらう

・3文字程度の文字カードの順番を並び替えて、どの単語か当てる

「と」「い」「け」→時計だ!(「けいと」にもなりますね^^)

並び替えなどはクイズ形式にすると楽しく行えますよ♪

 

〇先生が言った言葉を逆さまにする

「こね」→「ねこ」

「すい」→「いす」

「ごんり」→「りんご」

など、先生が言った「逆さま言葉」を元に戻してもらいます。

先生の言葉を聞き取り、頭の中で文字をイメージする練習になりますね。

ただひっくり返すだけでなく、「『ごんり』って面白い響きだね」など言葉の響きを楽しみながら行っています。

 

【絵本】
定番ですが、オレンジスクールピコ東戸塚教室でも絵本を通じて言葉に触れる活動を大切にしています。

毎回の読み聞かせの時間と、自分の好きな本を読む時間があります。

〇読み聞かせの時間

絵本には様々な言葉や音、視覚的な楽しさが入っています。

みんなでその楽しさを共有しながら、言葉のシャワーを浴びてもらう時間です。

 

〇自分の好きな本を読む時間

絵を見ながら会話をしたり、文字(文章)を読んでもらったり…絵本の楽しい世界に触れながら、他者とのコミュニケーションや言葉の力を育む時間です。

 

まとめ

言葉に触れる活動をたくさん行うことで、語彙が増えるだけでなく、イメージする力がついたりと良いことがたくさんあります!

プリント学習以外にも様々な活動を通じて、言葉に触れて楽しんでもらえたらいいなと思っております^^

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉
「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。