オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-10-23

聴覚優位の子に対する支援

こんにちは。オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

朝晩の冷え込みが厳しくなり、布団からでるのが辛い季節がやってきました。温かくしてお過ごしください。

 

さて、前回のブログでは視覚支援について話させていただきました。それに引き続き今回はピコで行っている聴覚優位の子に対する支援の話をしていこうと思います。

聴覚優位とは視覚情報と聴覚情報が同時に入ってくる場合に、耳から入ってくる情報が優先的に処理されることです。

 

聴覚優位とされる理由として、次のようなものがあげられます。

 

基本的に幼児期~就学までは視覚優位と言われますが、これはまだ経験も少なく、語彙を習得中であるために、言葉だけの指示では限界があるからです。

こういった幼児期などの状況では聴覚優位な子でも視覚からの情報も同時に提示することで、耳から入った情報がただの言葉ではなく、なにを示しているのか理解に繋がり効果的な場合もあります。

 

視覚優位の子が、目から入ってくるいらない情報まで拾いやすいということと同様に、聴覚優位の子も耳から入ってくるいらない情報まで拾いやすいという傾向があります。

学習しているときでも、電車が通る音や救急車の音、虫の声など、その時は必要ない音まで絶えず耳から入ってきます。

こうした子たちが授業や集団活動を行う際に気を付けていることは、少ない情報で指示を出すことです。少ない情報であればあるほど情報処理速度が上がり、子どもたちも行動しやすいからです。

 

具体的には次のようなことです。

 

このように無駄な情報が入らないよう必要な情報だけをできるだけ簡潔につたえる工夫をし、指示だけでなくコミュニケーションをスムーズに取るためにも気を付けています。

 

 

なにかお子さまのことでお悩み事・お困り事がございましたらお気軽にご連絡ください。

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************