オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-11-06

“楽しむ”ためには

こんにちは!オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

オレンジスクールピコ東戸塚教室では学習→SST→遊び→絵本の流れで過ごしていますが、どの時間においても大切なことがあります。

それは、お子さまたちが『楽しい!面白い!』と思う気持ちです。

 

 

学習の時間をより楽しむために

①本人の得意なもの・興味のあるものを取り入れる

苦手なことに挑戦することはとても大事なことですがそればかりでは自信を無くしてしまい、勉強に対して嫌な印象を持ってしまう可能性があります。本人が好みそうな教材も入れておくことで自信をつけていけると良いでしょう。

 

②手先の活動等は工作で楽しく取り組む

工作は一つの作品をつくるため、完成した時に大きな達成感を味わいながら手先の訓練や創造性など様々な能力を養うことが出来ます。この時間を楽しみにしてくれているお子さまも多いです。

③コミュニケーションを取りながら取り組む

「ここ私も苦手だったよ。」「(プリントに載っている電車を指して)これ乗ったことある。〇〇君は乗ったことある?」など学習の中で会話をすることでお子さまは喜びます。オレンジスクールピコ東戸塚教室でもお子さまとのコミュニケーションを大切にしております。

 

 

遊びの時間をより楽しむために

自由に遊ぶのももちろん良いですが、「こういった遊び方もあるよ。」と大人が教えることで遊び方の幅を広げていきましょう。また、遊ぶ時には大人から積極的にコミュニケーションを取っていけるとさらに良いですね。お子さまはぬいぐるみなどモフモフした安心感のあるものも好きなのでぜひ遊びの中で取り入れてみてください。

 

 

切り替え

今まで話してきたように何事にも取り組む上で『楽しい!』という気持ちはとても大切です。しかしその気持ちが大きすぎることで『まだ続けたい。』と次の活動への切り替えが難しくなることもあるのです。今やっている行動を急に終わらせてしまうことでパニックになってしまうお子さまもいらっしゃると思います。

 

 

オレンジスクールピコ東戸塚教室ではこのような対策をしておりますが、それでも切り替えが難しいお子さまもいらっしゃいます。

そんなときは「手伝うから一緒にやろう」と声をかけたり、「どっちが早く片付けられるか競争しよう」とゲーム感覚でやってみても良いかもしれません。そして出来たときはたくさん褒めてあげてください(^^)

 

 

まとめ

今回ご紹介した方法以外にも、一人一人のお子さまに合わせた声掛け・働きかけをするよう意識しております。

つまらないと感じた活動を続けていくことは難しいです。お子たちには『楽しい!』と思う気持ちを大事にしながら、色々なことに興味・関心を持って欲しいと思います。

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉
「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。