オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-09-11

怒らない伝え方

お子さまはお家の方の言うことを聞いてくれていますか?
なかなか聞いてくれなくてイライラ・・・、つい強く言ってしまう、怒ってばかりで自己嫌悪・・・なんてこともあるのではないでしょうか。

怒らなくてよくて、お子さまが指示を聞いて自分から動いてくれたら・・・お子さまもお家の方もハッピーですよね!

 

今日は、怒らなくても指示が伝わる、効果的な指示の出し方のコツをお伝えしたいと思います。

覚えておく、意識するコツは3つです!

【コツ1】否定的な言葉は肯定的な言葉に置き換えることを意識する。
【コツ2】具体的に。
【コツ3】CCQ

こんな伝え方をしていませんか?

・ちょっと待って!!(子:ちょっとってどのくらい?

 

・あー!!もう!だから言ったでしょ!?(子:なんか怒られちゃった

 

・いつになったら宿題するの!?(子:うるさいなあ、もうすぐしようと思っていたのに

 

・ご飯を食べないと大きくなれないよ!!(二重否定、マイナス思考

 

【コツ1・コツ2】を使って言い換えてみましょう。

 

・ちょっと待って!!→あと〇分待っていてね。/長い針が〇になるまで待っていてね。

 

・あー!!もう!だから言ったでしょ!?→どうすればよかったんだっけ?

 

・いつになったら宿題するの!?→宿題は何時からする予定?

 

・ご飯を食べないと大きくなれないよ!!→ご飯を食べたら大きくなれるよ!(プラス思考)

 

同じ内容でも言い方ひとつで印象が違います。

具体的に伝えれば理解が出来ますし、子どもに選択をさせる考えさせるような伝え方をすると、自己決定となり納得して取り組めることも多いです。(子どもは親に「やらされている」感覚を嫌いますよね・・・。)

 

そして、つい使いがちなのが二重否定(〇〇しないと□□できないよ)の表現です。『勉強しないと良い点とれないよ!!』『うるさいと連れて行かないよ!』など・・・。

言ってることは同じ内容ですが『勉強を頑張ったら良い点とれるかもね!』『静かにできたら楽しい所に行こう!』など、後者の方がポジティブですし、子どものやる気を引き出す表現方法と言われています。

 

そしてどんなときでも【コツ3】CCQが大切です。

いつも心掛けたい【CCQ】とは

 

C:Calm

《穏やかに。大人が気持ちをコントロールし、冷静に落ち着く。子どもの反応に振り回されずに一貫した態度で指示を出す。》

 

C:Close

《子どもが注目できる距離まで近づく。》

 

Q:Quiet

《声のトーンを抑えて静かに。大声を張り上げない、感情的にトーンを上げない。》

 

 

最後に

 

 

毎回実行するのは難しいかもしれませんが、知識として知っておくこと、コツを意識して接する回数を増やすことで、お子さんもお家の方も笑顔になれることが増えると思います。
言葉には言霊が宿ると言われています。ポジティブな表現を意識して、みんなが楽しく毎日を過ごせるといいですね(^^)

 

ピコ専用のHPができました☆ぜひこちらも見に来てください☆

https://pico.orangeschool.jp/

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉
「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。