オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-06-05

季節に触れよう☆

こんにちは!オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

晴れたり雨が降ったり、天気の移り変わりが多いこの時期。「暑くなったね…」「お花が違ったよ!」と季節の変化を感じるお子さまもいらっしゃいました。

そこで今回は「季節」についてお話したいと思います。

 

4月は入園式、7月は七夕、12月はクリスマス、2月はバレンタインというように月によって様々な行事がありますね。

幼児期のうちに季節を感じられる体験を積むことで、感受性を育むことが出来ます。

また、その季節ならではの食べ物や文化、習慣などを身につけることが出来ます。

そのため普段から季節に触れることはとても大切なのです。

 

 

カレンダー

お子さまが見やすいようにホワイトボードにカレンダーを貼っています。カレンダーにはその月にちなんだイラストを取り入れております。

オレンジスクールピコ東戸塚教室でも「かえるがいるよ!」「バレンタインのチョコだ!作ったことあるよ!」とお子さまから話を広げてくれる場面が多く見られます。

 

ちなみに6月はアジサイと雨が多い時期なので傘や長靴など雨を連想させるイラストをいれています。

 

 

壁面で季節の変化を感じよう

お部屋に彩りをあたえてくれる壁面。その月にちなんだ食べ物やお花などを飾っています。

入り口付近に貼っているため「かわったね!」「何のお花?」と変化に気付き、興味を示してくれています。そこで知識を深めることも出来るのです。

それだけでなく壁面は、様々な形や色に触れることができるためお子さまにとってもいい刺激になります。

 

 

 

工作

作品によって「手先の発達を促す」「顔を描く練習をする」等様々なねらいを決めていますが、どの月にも共通しているねらいがあります。

それは「季節の行事に楽しく触れる」ことです。

オレンジスクールピコ東戸塚教室では毎月工作の時間を設けており、季節を感じられるようなテーマを考えております。今回は今まで作った作品をいくつかご紹介します☆

 

<春>

昨年は桜やひな祭り、鯉のぼりの工作を行いました。春は冬が終わり、暖かくなる時期なので色も明るく柔らかい色を使うことが多いです。

<夏>

夏は梅雨、七夕、スイカ、アイス…と色々思い浮かびますね。水色や白など爽やかな色が入ることで涼しげな印象になりますね。

 

<秋>

キツネは秋の動物というわけではありませんが、色が秋の黄葉に似ているため秋の工作として作ってもらいました。その他にカボチャやトンボなども…。春と同じような気温ですが、使う色も少し変化します。

 

<冬>

冬といえばクリスマスとお正月!サンタや雪だるまをつくってもらいました。昔の遊びに触れるためにけん玉にも挑戦しました。

 

 

まとめ

実際に体験したことは記憶に残りやすいです。様々な体験は心を育てるだけでなく、将来に役に立つこともあります。

ぜひ行事に参加したり工作等に取り組むことで、季節をたくさん感じるとともに様々な経験を積んでいって欲しいと思います☆

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉
「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。