オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-02-12

図形描写で育つ力☆

こんにちは。オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

今回は<図形描写>についてお話したいと思います。 図形描写は、見本のマス目の中に書かれた図形を見ながら、同じ位置に同じ図形を書いていくものです。

まずは図形描写を行なうことで、どのような力が身につくのかお話していきたいと思います。

身につく能力

・図形を描写する能力

・運筆力

・お絵描きをする能力

・空間認知能力

・位置記憶力

などの力が育つことが期待されます。

 

図形を描写する力は、その名の通り、見本に書かれている図形を見て、その図形が丸なのか三角なのか判断する力です。

運筆力お絵描きをする能力は、書き写すことで身につくことが期待されます。

空間認知能力は、それぞれの物がどの場所、向き、大きさ、形、物同士の位置関係などを素早く正確に認知する力のことです。パズルや折り紙、ブロック遊びなどでも育てることが期待されます。

位置記憶力は、算数の座標問題や図形問題に役立つものですが、それ以外にもひらがな等の文字練習にも役立ちます。文字練習では、見本の文字を見て、それを見ながら書く練習をしますが、見本の文字がマス目のどの位置に書かれているのか確認しながらそれを真似して書く能力も位置記憶力が必要となっています。

 

では、実際にこれらの力を育てるためにオレンジスクールピコ東戸塚教室で行なっている教材をご紹介したいと思います。

教材紹介

いきなり数が多いと難易度が高く、「やりたくない」「できない」と気持ちも後ろ向きになってしまいますので、まずは2×1や2×2のマス目のものから始めます。書くことに苦手意識があるお子様には、シールを用意し、見本と同じ位置に貼ってもらっています。 少しでも「できた!」と達成感が味わえるよう、一人ひとりに合わせた教材を用意するよう心掛けています。

 

慣れてきたお子様には、マス目を3×3と増やしていきます。その中でも、まずは図形の数を少なくしたものを用意しています。隣同士に配置したもの、少し離れた位置に配置したものと徐々にレベルアップした問題に取り組んでいます。

 

こちらは、同じ位置に同じ色のシールを貼ってもらうプリントとなっています。色を認識する力も育てることができます。色に興味のあるお子様にはこちらのようなプリントから取り組み、位置記憶力を育てていけるようにしています。

最後に

図形描写以外にも、点描写、迷路、間違い探しなどの問題でも空間認知能力、位置記憶力は育てることができます。上記にも書きましたが、パズルや折り紙、ブロック遊びなどの遊びの中でも育てることができるので、楽しみながら育てられるといいですね。

これからもオレンジスクールピコ東戸塚教室では、お子様一人ひとりの興味に合った教材を用いて、少しでも様々な力を身につけられればと思っています。

 

************************

児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室

【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://pico.orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/

************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉

「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。