オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-09-18

オレンジスクールピコの学習支援について

こんにちは!オレンジスクールピコ東戸塚教室です。

9月も中旬に入り、ふと日が短くなってきたことに気付きます。「夏はセミがうるさかった!」と仰っていたお子さまも、ヒグラシなどの声に気が付いたようです。秋の訪れを感じられますね。

 

さて、本日はオレンジスクールピコ東戸塚教室での学習支援について、詳しくご紹介をしたいと思います。

 

オレンジスクールピコでの学習支援の目指すところ

オレンジスクールピコで、療育(遊び)だけでなく学習支援を行っていることには理由があります。

その理由の一つに、「今後小学校に就学した時に、お子さまが少しでも苦労なくスムーズに生活できるようになってほしい」という思いがあります。

 

小学校に入ってからは、お子さまに多くの試練が待ち受けています。

 

・時間割を理解しなくてはいけない

・時間割に合わせて、教材を準備しなければいけない

・椅子に長い時間座って、話を聞かなければいけない

・先生の話をちゃんと聞いて、指示通りに動かなければならない

大人の私たちにとっては当たり前の事でも、子どもにとっては初めてのことばかり。ついていくだけでも、とても大変なことです。

スケジュールが分からない、先生の話についていけない、集団行動で外れてしまう…そのため、大きな不安やストレスを感じてしまうお子さまも多くいらっしゃいます。

 

そんなお子さまたちが少しでも学校生活になじんでいけるように、お子さまの現状や得意不得意に合わせて準備支援を行います。

 

実際の学習支援

では、具体的にどのような教材を使っているかご紹介いたします。

 

・スケジュールの記入

教室に登校をしてきたら、最初に行うのは「スケジュール表の作成」です。

特性を持ったお子さまの中には、見通しが立たないが故に不安な気持ちを持ってしまう子も多くいらっしゃいます。

そのようなお子さまでも安心してオレンジスクールピコの活動に取り組んでいただけるように、お子さまの出来る範囲で作成をします。

 

スケジュール表を記入することは、小学校に入ってから時間割(スケジュール)を見る訓練にもなりますし、時間の感覚を覚える訓練にもなります。

お子さまの様子を拝見しながら、指導員もお手伝いいたします。

 

 

・なぞりがき、文字を書くことに対する支援

線や形、文字などを書く練習なども行います。

鉛筆だけでなく、くれよんやクレパスも用意しておりますので、筆圧がまだ十分でないお子さまも安心して取り組んでいただけます。

 

カードを見て写したり、なぞって書いたりとお子さまの発達に合わせて様々なアプローチを行い、「達成感を感じられる」ように支援します。

できたら「はなまる」をつけます!「はなまるを貰えると嬉しい!」というお子さまも多くいらっしゃいます。勉強が楽しいものだとお子さまが感じられるように、様々な工夫を凝らしています。

 

・数字に対する支援

就学前のお子さまであれば、遊びの中で数を数えたりしながら数に親しんでいくことが多くあります。実際にオレンジスクールピコでも、遊びの中で数字を使うことは多くあります。

リングを入れて数を理解したり・・・

数になじむことを目標に、プリントに取り組むこともあります。

これからも、お子さまの様子を見ながら教材を増やしていく予定です。

ご希望やご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

************************
児童発達支援 オレンジスクールピコ 東戸塚教室
【TEL】045-823-5655

【MAIL】pico-higashitotsuka@orangeschool.jp

【WEB】https://orangeschool.jp

【問い合わせ】:https://orangeschool.jp/contact/
************************

戸塚区(品濃町・戸塚・保土ヶ谷)東品濃・川上北・品濃・平戸・境木・川上・名瀬・平戸台・秋葉
「知能×社会生活能力」の発達支援により、入学・就学前の準備にむけて、子どもが苦手としている能力の成長を促す発達支援を提供いたします。