オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-07-19

筆算を練習しよう

蒸し暑い日々が続いており、本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。お子様たちは長い夏休みが始まったばかりですが、水分補給をしっかり行いながら暑い夏を元気いっぱいに乗り越えて行きたいですね。

 

 

さて、今回は溝の口教室で取り組んでおります「筆算の練習」についてご紹介させていただきます。

まずは、筆算の練習を行う上でお子様が「どこで間違えているか」を確認し、間違い方に合わせた教材をご用意しています。

 

分かりやすい位置に書こう

 

書きながら桁の位置がずれてしまうお子様や、繰り上がりの計算を忘れてしまうお子様には、あらかじめマス目や罫線が引かれてあるプリントを使用します。

小さいマスに繰り上がりの数を書くことを指定することで、書き忘れや計算のし忘れを防ぐことができます。

 

 

また桁が大きくなる足し算や掛け算では、繰り上がる数字を書くマス目をご用意することで繰り上がりの計算の際に、数を暗記しておかなければならない負担を減らすことにも繋がります。

 

 

計算の手順を覚えよう!

 

筆算の問題を解いている途中で、計算の手順が分からなくなってしまうお子様には、視覚的に分かりやすくするために手順が色分けされた教材を使用しています。

 

「最初にオレンジ色から計算しようね」

「次に青色のところを計算しようね」とお声掛けしながら繰り返して取り組んでいくことで、正しい手順で計算する方法を身に付けていきます。

 

繰り下がりのある引き算の筆算

 

繰り下がりのある引き算の筆算では、

「15-8は、、、10-8=2、5+2=7」

と、引き算の計算の中に「引き算」と「足し算」の両方の手順が出てくるため、計算の際にとても混乱しやすいです。

 

 

そのため「まずは1の位に注目して、上の数から下の数が引けなかったら10の位からもらって計算しようね。」

「10もらったから数字をひとつ減らそうね。」

と、こちらも手順をお子様と確認しながら、行った計算を視覚的に明確にできる教材を用いることで、少しでも手順の混乱と計算ミスを減らすことができるように取り組んでいます。

 

様々な計算の方法がそれぞれにあるからこそ、お子様が「どこで間違っているか」「なぜ間違えてしまったのか」に着目し、学校に合わせた方法で取り組みつつお子様自身の負担を減らせるような教材をご用意しています。

 

学習面でお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください♪

 

***********************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、

ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール溝ノ口教室

【TEL】044-455-5661

【MAIL】mizonokuchi@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 溝ノ口教室

************************

溝ノ口教室の周辺には、高津小学校・東高津小学校・坂戸小学校・久本小学校・下作延小学校・上作延小学校などがあります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。