オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-12-29

2021年を振り返って

こんにちは。オレンジスクール小岩教室です。

 

 

12月24日の終業式を終えて、冬休みに入りました。漢字・計算ドリルの総復習、習字・書初めなど宿題もたくさん出ているようですが、オレンジスクールに来てモチベーション高く取り組んでいます。今年はプリントがまとめられた冊子を持ってきている子が多いです。お正月は「おじいちゃんおばあちゃんの家に行くんだ!」とお出かけの予定もあるようなので、早めに終わらせられるといいですね!

 

今年を振り返って…

 

2020年頃の新型コロナウイルスの影響に比べると、少しずつ少しずつ自粛がなくなり、学校行事なども小規模ではありますが開催されるようになり、学校生活にもメリハリが出てきたように思います。運動会や修学旅行を終えて、子どもたちからの「楽しかった!」「思い出になったよ!」などのお土産話を聞いて、こちらも嬉しくなりました^^

 

昨年度、休校期間を取り戻すためにスピードアップした授業に加えて、さらに土曜日も登校していたときに比べて、今年度は「平日に登校する」という普通の生活リズムに戻ったことでしっかり休養をとれているような印象もありました。

 

 

また、学校側が大きく変わったことはタブレットが一人一台渡されたことでした。今まで黒板の文字を写して書いていた連絡帳の内容を、学校のシステムを通してダウンロード・閲覧出来たり、学習支援ツールを使用した宿題に切り替わったりとプリント以外の課題が出されていました。今まで「読む」「書く」「覚える」「写す」などの作業に困難さがある子たちにとっては、負担が軽くなった部分も多かったと思います。

 

 

小岩教室でもタブレットでの宿題や課題を許可しておりますが、プリントのように成果が目に見えて残るものではないので、進行状況や課題の理解度などは注意深く見るようにしています。感覚的に操作できる分、考える・計算する時間も省略される場面もあるので…タブレットと平行しながら教室で用意したプリント課題で定着を図るようにしております。そういったことも含めて手探りなこともありますが、とても便利なタブレット学習。子どもたち同様に、わたしたち指導員も上手く活用していきたいと思います。

 

 

小岩教室の年末年始休暇は12月30日(木)~1月4日(火)年明けは1月5日(水)からの営業となります。来年もどうぞよろしくお願いします。