オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2016-10-31

オレンジスクール小岩教室 『自閉症スペクトラムのお子さまの会話術』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は自閉症スペクトラムのお子さまについてのお話です。

自閉症スペクトラムのお子さまはその場の空気を読んだり、人の気持ちを察することが苦手と言われています。相手の嫌がる話を平気でしてしまったり、その場に合った話題を選ぶということが難しいのです。そこで、友達と話すときに何を話したら良いのか、話題作りを規則的に教えたり、言ってはいけないことを口にしないように教えることが大切です。

  お家でも日々の会話の中からトレーニングしていくことで、会話のトラブルは少しずつ減らしていくことが出来ます。

まず話題選びの基本を理解させることから始めましょう。お子さまと一緒に「お友達を傷つけてしまうテーマ」と「お友達が楽しめるテーマ」について話してみましょう。

 

<お友達を傷つけてしまうテーマ>

など・・・ 

<お友達が楽しめるテーマ>

など・・・

 

このようなことを親子で話し合い、相手を傷つけやすいテーマを覚えさせて、その話をしないようにさせます。

お子さまには、なぜそのようなテーマがお友達を傷つけるかを考えさせ、答えさせる。また、お友達と話す前に「話題選び」とつぶやく癖をつけさせて、いきなり話し出すことを減らしてゆくのも有効です。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161031123052j:plain

そして、テーマに合わせてお子さまのお友達に当てはめて話し合ってみましょう、お友達が楽しめるテーマがわかったら、実際にその内容で話してみて会話が広がったら成功です。上手く行かなかったらもう一度一緒に話題を探してみましょう。この時お友達に当てはめて話をさせてみて、良いか悪いかを親御さんが判断してあげてください。

このトレーニングを繰り返していくと、少しずつ話し相手を傷つけたり、怒らせたりすることが減っていきます。そしてお友達や他の人がどんな話を好んでいるのかがわかってきます。

ぜひ、ご家庭でやってみてください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。オレンジスクール独自の療育システム「FCリーディング」や「まなBOX」について詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*