オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-08-26

8月の教室の様子♪

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

 

 

25日が始業式で、2学期がスタートしました。

今年はとっても短い夏休みでしたが、子供たちと一緒に、

宿題をやったり、遊んだり、と充実した日々を、

過ごすことができました。

 

今日のブログでは、8月の教室の様子をお届けします♪

 

 

座ってできるサッカー!?

 

最近新しく小岩教室にやってきたサッカーゲーム。

ルールはサッカーと同じ!ゴールにボールを入れるだけ!

 

 

自分側にある棒を押したり引っ張ったりして、

人形を動かしてボールを運んでいきます。

この時、棒をねじることで人形がくるっと回ります。

 

それで勢いをつけてパスやシュートを決めるのがポイントです^^!

 

 

このゲームのいいところは

などが挙げられます。

 

そのため、遊びの時間に出すと、

子供たちが集まり、大盛り上がり!

距離を取りながら、楽しく遊んでいます^^!

 

 

子供たちで誘い合って・・・

 

以前のブログで、集団で遊ぶ楽しさについてご紹介しました。

ここ最近の小岩教室では、高学年の子供が増えてきたことや、

子供たち同士の信頼関係が構築されていることもあり、

 

「○○さん!一緒に遊ぼう!」と指導員の介入がなくとも、

自然と集団が発生する場面が見られます。

 

トランプやすごろくなどは大人数でやったほうが、

盛り上がりますよね!

 

 

子供たちが集まって遊んでいるときの注意点として、

子供だけの空間になりすぎないよう見守りをすることです。

 

一見、楽しそうに見える集団でも、

子供たち一人一人に目を向けると、

 

やりたいけどルールがわからない。

手先の不器用さがあり、時間がかかる。

目の前の状況をうまく把握できない、など、

 

発達段階や特性の面から、苦手な部分が出てきたり、

自分からSOSが出せないこともあります。

 

 

その苦手さを見極めて、指導員が適切にフォローをし、

「できる」部分に注目して、みんなで過ごす「楽しさ」を経験することが

大切ですね^^

 

 

2学期も始まって・・・

 

子供たちの様子を見ていると、

始業式の日から通常授業が始まったり、

土曜日に授業が組まれていたりなど、

学習が駆け足な印象を受けます。

 

 

引き続き、小岩教室では、学習のフォローをして、

安心・安全で楽しい場所になれるように、

指導員一同、2学期も頑張ります!