オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-12-05

隠れた“つまずき”を克服しよう!~かけ算の筆算の指導~

 

こんにちは。オレンジスクール小岩教室です。

 

今回は、小岩教室での学習指導についてご紹介していきます。

 

 

九九はできた!その次は…

 

2年生でがんばって覚えた九九。
3年生になると、かけ算の筆算の学習が始まります。

 

この筆算、よくよく考えてみると、色々な要素が含まれているんです。

 

 

九九はきちんと定着できているのに、筆算に抵抗があるのは
これが原因かもしれません。

 

 

では、この課題を
「見える化」という方法で乗り越えた事例を2つ紹介します。

 

 

かける順番がわかるように

 

1つ目は、筆算の手順を覚えることに
つまずいていた子の事例です。

 

2ケタ×2ケタ となると、
かけ算をする順番や 答えをかく場所に
混乱してしまう子も出てきます。

 

 

 

 

このように、色分けされた形で
順番が示されていると、自分で確認しながら
筆算を解いていくことができます。

 

 

たし算をスムーズにできるように

 

2つめは、くりあがりの書き方や
たし算の手順につまずきがあった子の事例です。

 

かけ算の筆算では、くり上がりの数を足すときに数を一時的に覚え、

頭の中で足さなければならないという箇所があります。

 

そこで考えたのがこちら。

 

 

 

くりあがりの数を書く場所を赤で示しています。

そして十の位の数をかけた答えは、青に一度メモします。

 

こうすることで、頭の中でたし算しなくても 「見える化」されたものをたし算すればよく、
計算の手順がより明確になります。

 

 

成功体験を重ねていけるように

 

今回紹介したように、“かけ算でつまずいている”といっても
その原因には 多様さがあることがわかります。

 

「見える化」することで、苦手だったものも、あっという間に解けるようになります!

子どもたちが「できた!」を実感できるよう、ほんの少しの手助けをしていきたいですね。