オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-10-10

漢字が苦手な子への学習支援

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

10月に入り、すっかり涼しくなりましたね。

そんな中、小岩教室に来ている子供たちは

せっせとハロウィンの飾りつけをしています。

その様子は次回のブログでご紹介したいと思います。

 

今日は漢字が苦手な子に対する学習支援をご紹介いたします。

 

漢字の難しさ

 

小学校1年生で習う漢字は、画数も少なく

「水」「手」「車」のように具体的にイメージしやすく

理解しやすい傾向にあります。

 

しかし2年生に進級してからは

部首とつくりが複雑になったり

漢字の持つ意味が抽象的になり

頭に入らず、覚えにくくなります。

 

 

また、発達障害の特性として

などが挙げられます。

 

 

このような子供たちに対して

同じ漢字をひたすら反復練習することは

記憶に残りにくいうえに本人の負担になり

「漢字なんてイヤ!嫌い!」という

嫌悪感にもつながります。

 

なので、できる限りそういった特性を考慮して

「書く」「思い出す」の負担が少ない

アプローチが必要になります。

 

特性に対応した取り組み

 

①漢字たしざん

 

漢字をパーツや部首ごとに分けて

それを組み合わせていく取り組みです。

たとえば・・・

 

 

このような感じで

パッと見るとわかりづらい部分もありますが

順番通りに書いていけば漢字が完成します。

空中に指で一緒に書いてあげるのもわかりやすいです。

 

 

②足りない部分だけを書く

 

漢字の消えている部分を見つける取り組みです。

たとえば・・・

 

 

このような感じで、

タテヨコの棒が1,2本抜けていたり

最後の1画が欠けています。

 

これにより、線の数や今まで気づいていなかった

細かい部分にも意識がいきます。

 

 

③かくれた部分を書く

 

2に比べてやや応用編になります。

 

 

部首が消えていたり、半分だけが書かれています。

 

まっさらな問題用紙に書くより

半分のヒントがあると

「あっ!わかった!」とピンときて

漢字を思い出す手がかりになるようです。

 

 

この支援・取り組みにより

今まで漢字が出来なかった子も

「書く」「思い出す」のやりやすさからか

さらさらとできています。

自力で「できた!」という達成感になります。

 

 

小学校の6年間で習う漢字は1000字ほど。

その学習時間も少なくはないです。

少しでも漢字って楽しい!もっと知りたい!と

興味が持てるように支援していきたいです。