オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-01-17

本年もよろしくお願いします

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

 

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。小岩教室は1月5日(水)からスタートしており、冬休み中ではありますが元気な挨拶とともにたくさんの子どもたちが来所してくれました!本年もよろしくお願いします。

 

 

避難訓練の実施

先日、長時間利用の日を使って、避難訓練を行いました。

地震と火事を想定した避難経路と避難場所の確認、その際に使用するヘルメットの着用練習をしました。

 

 

今回は時間にゆとりがあったのと、高学年~中高生が多くなってきたこともあり「もしも○○で地震or火事があったら・・・?」と、オレンジスクール以外の場所で災害に遭遇したときに、どうするのかを問いかけながら、子どもたち自身に考え、答えてもらいました。

 

 

普段から学校での防災教育や、ご家庭で保護者の方からのお話しがあるのか、どの子も自信を持って自分の意見を発言することができています。

 

また「困ったときの連絡先」についてもみんなで確認をしました。

警察を呼ぶときは?「110番」、救急車を呼ぶときは?「119番」じゃあ消防車は?と聞いたところ、全員「???」となっていました。救急車と消防車の番号が同じ、ということを認識できていなかったようです。

 

そういった外部とのやりとりの際には自分の家の住所や電話番号保護者の名前などを聞かれる場合もあります。子どもたちも覚えているようですが、災害時は大人でも慌ててしまうもの。日頃から確認できる方法があれば安心ですね。

 

「小さなこと」「細かいこと」「当たり前のこと」ではありますが、このようにいつか自分の身や家族の安全を守るかもしれないことはきちんと身に付けてほしいと思いました。そのためにも教室でもできる限り機会を作って、子どもたちに伝えていくことがわたしたちの役割でもあると感じます。