オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-07-31

ピタッとくっつく立体パズル!

こんにちは。

オレンジスクール小岩教室です。

 

 

今日で7月が終わり、明日から8月になりますね!

 

小岩教室に来ている子供たちはというと、持参している夏休みの宿題、モチベーション高く、集中して取り組んでいます。なかには、もう終わりそうな子も・・・?また、「オレンジだと分からないところを教えてくれるから!」と出来ないところを残しておく、など上手に活用してくれています。

 

わたしたちも全力で指導を行い、素敵な夏休みを過ごせるようにサポートしていきたいと思います。今回はここ最近、新しく仲間入りした遊び道具を紹介します。

 

ピタッとくっつく!立体パズル!

 

 

こちらが先月購入したマグフォーマーという立体パズルです(子どもたちから人気ゆえに、すでに箱がボロボロ…><)

 

小学校の学童にあったり、「これお家にあるよ!」など、意外とポピュラーな遊び道具のようです。実際わたしたちも触ってみると三角形や四角形、五角形のパーツがピタッとくっつく感覚がとっても気持ちがいい!ただくっつけていくのも楽しいのですが、「ひよこ」「自転車」「キャップ帽」などなど、作例集付きですので、みんなはそれを参考にしながら作っております。

 

 

単体で見ると三角形・四角形・五角形などの平面図形ですが、これを立体に組み立てるには展開図をイメージするような空間認知が必要になってきます。大小さまざまな積み木だとすると…大きさや辺の長さが合わないと上手く積みあがりません。またパーツ同士がくっついているわけではないので、手先の不器用な子は、形ががすぐに崩れてしますこともあります。

 

しかし!このマグフォーマーは違う形であろうと、パーツとパーツの辺の部分がピタッとくっつき、くっついたまま向きを変えることもできます。想像次第でいろいろな立体を作ることができますね!

 

 

 

 

とってもお気に入りで毎週やっているお子さんもいらっしゃいます!小岩教室にあるものはベーシックセット62ピースのものですが、他にも種類があるようです。もっとたくさん買ったらもっとすごいものができるかも!?機会があれば追加のパーツも手に入れたいなあと思います^^