オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-04-23

遊びながら「食」を学べる!レシピ!

こんにちは、オレンジスクール東戸塚第3教室です。

あっという間に桜の季節が過ぎ去り、新緑の清々しい風を感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新年度が始まり、早くも3週間が経過しました。少しずつ新しい環境にも慣れ始め、お子様たちの笑顔も増え始めたように感じます。これから様々な経験を積み重ね、更に大きく成長していく姿を職員一同楽しみにしています。

 

さて、本日は「レシピ」というお子様に人気のカードゲームを紹介します。

 

「レシピ」とは?!

このゲームは、メニューカードに描かれている料理を完成させるために、必要な6種類の具材カードをいち早く集めて、先に料理を完成させたプレイヤーが勝ちとなる、初めての方でも気軽に楽しめるカードゲームです。

 

 

【入っているもの】

・メニューカード8枚

・具材カード48枚

・キッチンカウンター3枚×4セット

~ルール~

①キッチンカウンターカードを人数分配ります。

②メニューカードから1枚引き、自分だけが見れるようにします(他のプレイヤーには自分が引いたメニューカードを見せてはいけません)。こちらには、ある料理名が描かれており、その料理に必要な6種類の具材を集めていきます。

③具材カードを6枚ずつ、各プレイヤーに配ります。その時、メニューカードに描かれている具材が含まれていればカウンターに置いていきます。

④ジャンケンで順番を決め、いよいよプレイスタートです。いらない具材があれば1枚山に捨て、新しく1枚具材カードを引きます。常に手元には6枚の具材カードがあることを確認してください。

⑤必要な6種類の具材のうち、5種類が揃うと、「リーチ」となるので、「ご飯ですよ~!」と一言声をかけます。この言葉で、相手にリーチの状態を伝えます。

⑥6種類の全ての食材が揃い、料理が完成すると、「できあがり」もしくは「いただきます!」と伝えてあがることができます。いち早く、料理を完成させた人が勝利となります。

食の楽しさを学ぼう!

こちらのゲームを通して、お子様に料理や食材の良さを楽しんでいただきたいと思っています。料理にはどんな食材が使われているのか知ることができたり、「この料理には〇〇が必要!」などといった、遊びの中で「食」に興味を持つことや知識を増やしていけることが、こちらのゲームの醍醐味となります。

 

洋食や和食、中華など、お子様が大好きなメニューが勢揃いしています。相手が何を集めているのか気になったり、カードを出すタイミングを考えたりするなどちょっとした駆け引きもあり、ゲームがとても盛り上がります。

 

コミュニケーションを高めよう!

 

 

集団での活動は、コミュニケーションが必要となってきます。ルールを守ることはもちろん、人の話を聞くことや相手の気持ちや場の状況を読む力など、集団活動を通してコミュニケーション力を高める練習に繋がります。また、遊びの中でお友達との対人スキルを学ぶことも、社会の中で生活していくために必要な社会的能力の一つであり、練習・実践していくことで身に着けることが可能となります。

 

集団活動の中で楽しく取り組みながら様々な知識を増やし、お子様の自信へと繋がっていけるよう、今後もゲームを通して学びや経験を増やしていきたいと思っています。

 

お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚第三教室

【TEL】045-392-4121

【MAIL】higashitotsuka3@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚第三教室(横浜市戸塚区品濃町543-2つるや第2ビル2階)

************

東戸塚第三教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。