オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-06-28

文章を書く練習【まちがいさがし】

こんにちは。オレンジスクール東戸塚第2教室です。

 

季節は梅雨となり、合間の曇りや晴れもどこか外気に湿度を感じますね。

気圧や気温の変化で心身の調子が不安定になってしまったときには無理せずゆっくりと過ごしていきましょう。

 

 

今回は、文章を書く練習についてのお話です。

 

文章を書けるようになりたい、書けるようになってほしいというご要望をお子さん、親御さんからよくいただきます。

そのため、オレンジスクールで文章を書く練習に取り組んでいるお子さんは多くいらっしゃいます。

 

 

オレンジスクール東戸塚第2教室では、

 

・自分のことについて答えるプリント(好きな色は?「~です。」と答える)

・絵を見て状況を述べるプリント(〇〇が~している。)

・日記(出来事を順序だてて書いていく)

・意見文のプリント(テーマについて自分の立場を明らかにし理由を述べる)

 

といった教材などをご用意しています。

 

 

どのプリントの形式でも、まずは横に居る指導員と一緒にお話しをしながら考えていることを言葉にし、それを協力しながら文章にしていくといった手順で進めています。

 

本日は、また新たな形式の文章を書く練習のためのプリントを作成しました。

 

まちがいさがしの絵を見て書く

 

イラストは、ちびむずドリルさんのまちがいさがしを使用しています。

 

まずは、間違い探しに楽しく取り組んでもらい、絵の中から見つけた間違いを後ろの紙に文章にして表していきます。

 

絵が手元にあるため文章を考える際にお子さんは、「これって何て言ったら良いの?」と指を指しながら指導員に質問をしてくれることで、物の名前や人物の動きなど語彙についても学習をすることができます。

あわせて、文末の表現助詞など書き言葉について学習をします。

 

 

1から文章を作るのが難しい、どのように書くか悩んでしまうお子さんのために文章の補助を入れたテンプレートも作成しました。

 

「〇〇では~〇〇だったけれど、△△では~△△になった。」のようなよくある文章の形は、

学校の授業の中では、理科の実験についてのノートやプリント、家庭科や社会の課外活動の振り返りなどで書いた記憶があるのではないでしょうか。

 

オレンジスクールで文章を書く練習をして、国語の力を上げることで、ノート点検やプリントの評価や作文などの課題に怖がらずに挑めるお子さんたちが増えたら良いなと考えています。

 

************************

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚第2教室

【TEL】045-825-0222

【MAIL】higashitotsuka2@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール東戸塚第2教室

************************

東戸塚第2教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校・境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。