オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-03-30

季節の行事を通した活動について

こんにちは。暑さ寒さも彼岸までと申しますとおり、ようやく穏やかな過ごしやすい季節を迎えてきたかと思います。また卒業式・終業式を迎えられ、別れと新たなる出会いを楽しみにしていらっしゃるお子様のご様子が見られます。本日は3月におこなった季節の療育活動について紹介していきたいと思います。

3月の季節の行事

3月3日はひなまつりでした。ひなまつりとは、3月3日の桃の節句のことで、女の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いをする日で、ひな人形を飾ります。

ひな人形とは、お子様たちの変わりに病気や怪我から身代わりとなって守ってくれる人型の人形です。教室では、ひな人形を飾って教室でお子様たちをお迎えしました。

季節感を感じよう

大人は、気温の変化等を感じて「暖かくなってきたから春が近づいたね。ポカポカした陽気から日差しが強くなってきたから夏か近づいたね。」など、気温の変化等から季節感を感じて、春夏秋冬を感じる機会があります。

しかしお子様たちは見えない情報を察知して、考えて行動することが中々難しいことが多いです。

そのため教室では、季節感を感じて、行動していくことができるように季節の行事に関する飾り付けやカレンダー学習を取り入れています。

行事に携わることを通して季節を感じてみよう

教室では、ひな祭りに関する工作をおこないました。工作をしながら、それぞれの思いを指導員にお話してくれました。

 

「ひなまつりって女の子のお祝いの日だよね!カレンダーを作ったらお母さんにプレゼントするね!」

「僕は男の子だから関係ないと思ったけど、今日は家に帰ったら妹のお祝いだから、ご馳走を一緒に食べるの。」

「学校で、今日はちらし寿司が出たよ!とってもおいしかったよ。」

 

学校の給食やお家でごちそうを食べることやオレンジの活動の中など様々な場面で、ひなまつりに関係することに季節感を感じることができていたようです。

お子様がやりたいと思う活動の提案

季節を感じて行動をすることは意識をしないと難しいことだと思います。教室では、日々お子様の興味を引き出す活動を提案し、教室全体で一緒に取り組んでいき「楽しい!」「できた!」「うれしい!」を積み重ねていく支援を今後も提案していきます。

************************

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚第2教室

【TEL】045-825-0222

【MAIL】higashitotsuka2@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール東戸塚第2教室

************************

東戸塚第2教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校・境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。