オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-05-17

受給者証の申請時の変更点のお知らせ

平成から令和に元号が変わりましたね。教室では元号が変わるという経験を初めて体験したことで「元号が変わったから新しい元号を絵に書いてきた!」「令和ってしっくりこないな…平成のがよかったな」といろいろいろなことを感じているようです。

さて平成31年4月から障碍児通所支援や福祉の申請書類が変更になったことをご存知でしょうか?

本日は新しくなった申請書類についてご説明させていただきたいと思います。

 

オレンジスクール東戸塚第2教室を利用するには

オレンジスクール東戸塚第2教室は、児童福祉法に基づく障碍児通所支援に属しています。ご利用を開始するには区役所が発行する「受給者証」が必要です。受給者証はお住まいの区役所に行き、申請し発行されます。そしてこの4月からこの受給者証を申請する際の書類が変更されました。

 

申請書類の変更点

受給者証の申請・更新を区役所にするために提出する必要書類として、区福祉保健センターへの申請書とA障害児相談支援事業所の作成する「障害児支援利用計画案」またはB保護者の方が作成する「横浜市こどもサポートプラン」のどちらか一つが必要となります。AとBの違いについては以下で説明いたします。

 

 

 

障害児相談支援事業所では、福祉サービスの利用を希望している方の希望する生活を実現するための相談ができる場所です。こちらには相談支援専門員がおり、障害児支援利用計画案を作成してくれる他に、福祉サービスの利用調整や利用状況の確認、サービスについての情報提供など、必要な支援を受けることができます。

 

 

横浜市こどもサポートプランではお子様の将来への展望や希望を保護者方ご自身でプランを作成することす。現在お子様に必要な支援や将来のために準備しておきたいことを横浜市のフォーマットを使用して作成することも可能ですし、ご自身で作成することも可能です。

横浜市「障害児通所支援事業について」. https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/shogaihoken/shien/tuushosien.html

オレンジスクール東戸塚第2教室では、いつでもお子様・保護者の方に寄り添い、一人一人にあった支援内容をサービス提供していきたいと思います。お子様のことで何か不安に思うこと、気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

 

************************

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚第2教室

【TEL】045-825-0222

【MAIL】higashitotsuka2@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール東戸塚第2教室

************************

東戸塚第2教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。