オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-12-25

クリスマスまであと何日~日付の感覚を楽しく身につけよう

街にクリスマスツリーが美しく飾られる季節となりました。

東戸塚駅の周辺でもイルミネーションが音楽と共に輝いていますね。

さて、子どもたちは12月に入りクリスマスを待ち遠しにしています。

「サンタさん早く来ないかな」

「わたし、サンタさんに人形をもらうんだ」

と、様々子どもたちからサンタさんに期待する声が聞こえます。

しかし、日にちや曜日の定着が難しいお子様は

「あと何日でクリスマスなの?」

と指導員に尋ねる様子もみられます。

そこで、東戸塚第2教室ではクリスマスまでの期間が視覚的にわかるようにするために『カウントダウンカレンダー』に取り組んでいます。

やり方は簡単です。

毎日カレンダーに穴をあけていくだけ。

全てのマスに穴が開くと、楽しみにしているクリスマスがやってきます。

あと何日でクリスマスかわからないお子様には、空いていないマスを数えるように声をかけます。

「あと10個空いてないから…10日でクリスマスだ!」

自ら問題を解決することができるため、保護者様に自慢げに教える姿もあります。

しかしカレンダーに穴を開けるだけですと子どもの意欲も上がりにくいと考え、ある細工をしました。

普通、穴をあけるとおもちゃやお菓子が出る仕組みになっているものも多いですが、わたしたちは国語的な力を取り入れたいと考え”あるもの”を入れました。

穴をあけると…

『サンタさんにお願いしたいことやものはなんですか?』

このように自分のことを聞かれた質問が出てきます。

子どもたちは自分のことを尋ねられ、とても嬉しそうな姿があります。

「わたしはゲームがほしい!」「ぼくは変身セット!」

質問に対して自分の気持ちや思いを答える。

これは生活をする上で必要な力ですね。

 

中には伝えることが苦手なお子様もいます。

その際は紙に書いてもらい表現したり、指導員に二人きりになる時間を作ったりすることで気持ちを伝えることができるようにと工夫をしています。

 

子どもたちはどのようなクリスマスを過ごされたのでしょうか。

お子様からお話を聞くことが楽しみです。

 

今年のおわりに

 

今年度8月に東戸塚第2教室が開所してから、4か月間が経ちました。

4か月間という時間はあっという間でした。

お子様によっては苦手だったたし算やひき算がスラスラとできるようになったり、お友だちの名前を覚え「今日は〇〇くん来ないの?」と楽しみに待ったりとこころと体の成長を感じることができました。

来年も皆さまとともに、お子様一人ひとりに寄り添えるようなオレンジスクール東戸塚第2教室をつくっていきたいと思います。

お身体には十分お気をつけいただき、来年元気な姿でお会いできますことを楽しみにしております。

 

尚、オレンジスクール東戸塚第2教室の年末年始の休業期間は下記の通りです。

(年末年始休業期間) 12月30日(日)~1月3日(木)

新年は1月4日(金)9:30より営業開始となります。

それでは、よいお年をお迎えください。

************************

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚第2教室

【TEL】045-825-0222

【MAIL】higashitotsuka2@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール東戸塚第2教室

************************

東戸塚第2教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校・境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。