オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-04-09

避難訓練を実施いたしました!

春休みが終わり、入学・進級のシーズンとなりました。

皆様ご入学、ご進級おめでとうございます!!

この時期には皆さん期待や不安を感じられていることと思いますが、安心して、心を落ち着かせて過ごせる場が必要不可欠となります。

 

本日は皆様の「安心・安全」のために実施している「避難訓練」についてお話をいたします。

 

近頃、全国各地で大きな地震が相次いで発生しており、横浜市内で揺れを感じる地震も少なくありません。当教室に通われているお子様たちの会話の中にも地震の話題があがることがあり、いかに地震というものが身近で、みんなにとって関心が高いものなのかがうかがい知れます。

オレンジスクール東戸塚教室では3月末から4月初週の春休み期間に、地震を想定した避難訓練を実施いたしました。地震の多い時期の避難訓練ということで、普段よりも自分事として、また実際に起きうることとして取り組めたのではないかと思います。

 

地震を想定した避難訓練では以下の活動を行っております。

 

生活する場所ごとに避難訓練が必要!

避難するときの注意点は学校の避難訓練でも耳にしているため、皆さん「おかしもち」を答えることができています。しかし、環境が変われば何に気をつけなければならないかも変わってきますので、環境ごとに気をつけるべき事柄を確認することが大切です。

学校や塾、習い事をする場所など、生活の中である程度の時間を過ごす場所では、避難の手順と方法を覚えておくことが望ましいです。

 

繰り返し訓練をする必要ってあるの?

オレンジスクール東戸塚教室では地震と火災を想定した避難訓練を年に1回ずつ実施しています。「毎年やらなくてもいいんじゃない?」という意見をお子様から頂くことがありますが、同じ内容であっても毎年取り組むことが大切なのです。

実際に大きな災害が発生したときには、大人であっても焦りや不安、恐怖を感じます。このような状態では、落ち着いて冷静に行動をするほうが難しいものです。大人でもそうなのですから、お子様たちはさらに冷静さを失っていることが考えられます。

考えて行動することが難しい状況が予想される災害時だからこそ、実際に避難をするときの動きが、何度も行ったことのある「慣れた」動きであってほしいのです。

おわりに

大地震がいつ起きてもおかしくないといわれている現在の日本では、地震への対策を怠ることは出来ません。もしもの時にどう対処すればよいのか、その手段がわかっていて、何度も練習をしたことがあるとなれば、安心してその場所で過ごすことができると思います。

お子様たちの安心・安全を考え、今後も意味のある避難訓練を行ってまいります。

 

************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。