オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-01-07

療育で培う計算力

 

あけましておめでとうございます。


本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

日常生活を送る中でものの数を計算したりお買い物したり、計算をする場面が多くありますよね。

計算に慣れたり数に多く触れられたりするように、東戸塚教室で行われている計算を取り入れた療育をご紹介します。

 

カードゲームで計算を

東戸塚教室には”ぴっぐテン”という数の合計が10になるようにしながらカードを出していき、カードをたくさん手に入れることを目指すゲームがあります。

 

 

例えば、写真のように2と6が出されていたら足して8になるので、2のカードを出したら合計が10になるのでカード手に入れることができます。

 

単純に足し算の計算練習にもなりますし、10のまとまりを作る練習にも繋がります。

 

 

また、このような±5のカードもあるので引き算をすることもあります。

 

中高学年のお子さんは合計20になったらカードがもらえるルールなどに変更して、難易度を上げて楽しむ様子も見られます。

 

カードゲームなので、計算が苦手でもあまり抵抗を感じずに活動に参加できるのがいいですよね^^

 

計算もお金のやり取りも

続いては、大人気の人生ゲームです。

 

人生ゲームでは何度も何度もお金のやり取りを行います。

 

単にゲームを進めるための作業のようですが、

 

3000円払わないといけないけど1000円札がない・・・・

 

となっても5000円札で払ってお釣りをもらう、など生活の中で活かすことが出来るような練習にもなっています。

 

 

また、ゴールして手持ちのお金を数える際に両替を行います。

 

 

上の写真のように、5000円札が2枚だと10000円に両替できますね。

枚数を少なくして数えやすくしたい、より高い金額のお札を持ちたいなど、理由は様々ですが、みんな両替に意欲的です^^

 

最初の頃は指導員がお手伝いしていたお子さんもいますが、何度か繰り返すうちにご自身で両替も考えられるようになっていきました。

 

また、九九を学習したばかりの2年生のお子さんには、合計額を数えるなかで、

 

 

「2万円が3枚だから、2×3で・・・6万円!」

 

など習ったことを活かして計算できるようになったお子さんも多くいらっしゃいます。

 

 

このように数を数えるときに九九が便利、ということに気づいてくれたらうれしいですね。

 

今年も学習と療育を関連付けて、生活していく中で必要なことを身についけていけるようなサポートをして参ります。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。