オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-11-21

文章を書いてみよう

 

もうじき紅葉も見頃となり、秋も深まってきました。

 

 

この時期は宿泊学習や学習発表会など、行事が催される学校も多いようです。
宿泊学習を控え、とても楽しそうにしおりを見せてくれるお子さんもいらっしゃいます^^

 

 

行事の後に宿泊学習の感想を書いたり、学習発表会のまとめを書いたりすることがありますよね。

 

感想文やまとめが宿題となり、ひとりでは難しい・・・とオレンジスクールに持参してくれるお子さんもいます。

お子さんだけでなく、「文章が書けない」「文を書く練習をしてほしい」というご相談も多くいただきます。

 

そこで、今回は東戸塚教室で行っている文章を書く練習をご紹介したいと思います。

 

 

テーマを決めよう

 

文章を書く際に、テーマが決まらないと書けません。

 

 

オレンジスクールではこのようなプリントを用意し、文章を書くテーマを先に決めています。

 

 

文章を書くときには「まずはテーマを決める」など手順が分かるといいですね。

 

おひとりで決めるのが難しい場合には、指導員がヒアリングをしながらメモを取るなどし、お子さんと何について書くか相談して決定します。

 

 

5w1Hを使おう

 

その後は5W1Hをもとに文章を書くためのメモを書き記していきます。

 

 

慣れないうちは

 

いつ行った(やった)の?」

だれと一緒だった?」

 

などと会話をしながら行うと、抵抗感を弱くできますし取り組みやすくていいですね^^

 

 

文にしてみよう

 

5w1Hのメモをもとに、文章にしてみましょう!

 

 

①~⑥の順番に書いていくと文章が出来るので、「あれ、文を書くって難しくないのかも!」と感じられるかもしれません。

 

 

スモールステップで

 

作文を書くことが苦手だからと言って、いきなり長い文章を書く練習を始めるとかえって苦手意識を強くしてしまうこともあります。

まずは身近なことや体験したことを、短い文章で書く練習から始めてみましょう。

 

これからもお子さんの苦手に寄り添いながらサポートを努めてまいりたいと思います。

 

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

・じっとしているのが苦手
・準備や時間管理が苦手
・空気がよめない
・周囲が気になり集中できない
・こだわりがあり学習にも偏りが多い
・文章を拾い読みしてしまう・意外なことで突然癇癪を起す
・言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
・不登校で勉強が遅れている
・整理整頓が苦手
・朝の準備に時間がかかる
・算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。