オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-08-27

作文に対する苦手意識を減らそう!

 

オレンジスクールでは今年も夏休みの宿題を持って来てくださっている方が沢山いらっしゃいました!

「分からない宿題でも、先生と一緒ならできるかもしれない!」と思っていただけるように、これからもサポートしています^^

 

今回は宿題のなかでも苦手なお子様の多い「作文」についてお話したいと思います。

 

苦手な子の多い「作文」

ご持参くださるプリントには「作文」もあります。

一人では書くことが難しく、苦手意識を持っていらっしゃるお子様も多いと思います。

 

作文ではあらゆる情報を整理し、まとめなければならず、正解がないからこそ書くことが難しいです。

 

苦手な原因 理由は?

などなど、他にも沢山の要因が考えられます……

 

 

 

作文を書く前に

お子様にあった学習をしましょう!

 

作文を書く前に…

「書字が苦手」なお子様はタイピングで文章を作成する。

⇒無理をして書かせることで、拒否感や苦手意識がさらに強くなってしまうこともあります。

お子様に合わせた形式で、練習してみましょう☆

 

「言葉を知らない」お子様には、作文よりも前に語彙を増やしましょう

⇒語彙が少ないお子様や、文法が理解できていないお子様が作文を書くのは、とても難しいことです。

語彙や文法を身につけ、短い文章作りから練習をしてみましょう☆

 

〇書きたいことを挙げてみよう

 

・「書きたいことが浮かばない」「何から書いてよいのかわからない」

まずはテーマについて思い出すためにも、テーマについて話してみましょう。

この際に「5W1H」のように、具体的な質問を投げかけ、メモしていきましょう!

 

また思い起こしたり、あたまに浮かんでいても言葉にすることが難しいお子様には

大人がいくつか提案し、選んでいただくのも良いと思います^^

 

オレンジスクール東戸塚教室ではこのようなプリントを使っています。

 

そこからさらに深めていくときにオススメなのが「マインドマップ」です!

真ん中にテーマを書き、そこから子どもたちが思っていること、感じたこと、考えていることを線で繋ぎ、どんどん枝分かれさせて広げていきます。

「5W1H」「マインドマップ」のように視覚的な教材があることで、何を書けばよいか分かりやすくなり、作文での抵抗感が軽減するかもしれません。

 

最後に

自分の考えていることを文章にすることは、とても難しいことです。お子様の得意・不得意や、習熟度に合わせたおこなっていきましょう!

オレンジスクール東戸塚教室ではこれからも、宿題のサポートやお子様に合わせた学習プリントをご用意し、学習に対する苦手意識を軽減できるようサポートしてまいります☆

 

************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。