オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-10-21

スムーズに次の行動にうつるには?

今回は「スムーズに次の行動にうつるには?」というテーマでお話したいと思います。

 

ご家庭でも次の予定があるのに、

 

お困りだという方も多いと思います。

きっとその子も行動をコントロール出来ず、困っているでしょう。

 

先ほど挙げた例のように

終了時間になっても、活動を途中で切り上げることが出来ない子。

声をかけても気が付かないほど活動に没頭している子。

 

そのような子は、注意をコントロールすることが苦手なので、集中することが難しかったり集中して周囲の声が聞こえなくなったりしている場合が多いです。

 

とくにこだわりの強い子は、終了時間に気づいても「最後までやりたい」という気持ちが強いため、活動をやめることが出来ません。

 

また、どこまでやればよいかイメージができないため、声をかけられてもやめられないこともあります。

 

 

 

活動の切り替えを分かりやすく伝えよう!

 

 

活動の前に終了時間を示した時計次の行動を表すイラスト文字を見せて、予定を伝えましょう。

 

オレンジスクールでは到着してすぐに、先生と相談しながら予定表を書いていただいています。

 

オレンジスクールの予定表には、時計のイラストが描かれています。

ご自身で時間や時計の針を記入することで、より頭に予定が頭に入りやすくなります。

 

 

もし終わらなかったら?不安を取り除こう!

活動開始前に、もしも時間までに終わらなかったらどうするか相談し、その手順について合意しておくことが大切です。

「大切にしまっておくから、次にオレンジスクールに来た時にやろうね!」などと 安心できるように声掛けをしましょう。

 

終了時間の前に予告しよう!

終了時間までの時間を口頭で伝えたり、タイマーで教えたりしましょう!

集中しすぎて気が付かない子には、そばに行って、後何分で終わるか伝えることが必要です。

タイマーなどで残り時間を示し、「あと〇分だね」と伝えると、よりわかりやすいです。

タイマーを使うと、時計の読めない子でも音が鳴るため、時間になった気が付くことが出来ます。

 

 

まとめ

 

活動をやめられない理由は様々ですが、注意や集中をコントロールすることが苦手である場合が多いです。

大人はできるだけ、そのことを理解して、気持ちが切り換えやすい環境を整ええるなど、支援することが大切です。

そして、作業を切り上げることが出来た時には、しっかり評価し、沢山誉めてあげましょう!!

 

************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール東戸塚教室

【TEL】045-828-5667

【MAIL】higashitotsuka@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 東戸塚

************

東戸塚教室の半径2Km以内には、東品濃小学校・川上北小学校・品濃小学校・平戸小学校境木小学校・川上小学校・名瀬小学校・平戸台小学校・秋葉小学校・柏尾小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。

まずは、区役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。