オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-08-27

算数の文章問題のニガテに

こんにちは。オレンジスクール藤沢教室です。

夏休みも終わり、学校が始まり少しずつ生活のリズムが整ってきましたね。

 

8月の藤沢教室では、夏休み前までに習った学習の復習や、

短いとはいえ夏休みとは切っても切り離せない宿題に子どもたちと一緒に取り組んでいました。

 

さて今回は、教室に通ってくださっているお子さんたちと一緒に学習に取り組み職員が気付いた、

算数で出てくる文章題についての苦手と教室内で使っている教材のご紹介をしたいと思います。

 

文章題の難しさ

 

まず最初によく聞くのが…長い文章を読むのがイヤ!というお子さんです。

国語の長文問題と同じで、長い文章がぱっと出てきた瞬間にいやだ~となってしまいます。

 

国語的な文章の読み取り、読解に関する苦手から文章問題を読んでも

→何を言われているのか分からない

→様子を想像できない

 

算数的な考え方も合わせさり

→何算を使う問題なのか分からない

→どの数字を使えば良いのか分からない

 

という難しさを抱えているお子さんが多いようです。

そこで、オレンジスクール藤沢教室では……

 

 

キーワードに注目し、何算かな?を判断するためのプリントを作成しました。

 

 

また、このキーワードのプリントに対応し、見ながら取組める何算かな?の文章問題を作成しました。

 

 

キーワードを見つけ出しさえすれば、すぐに何算かの判断がつくことから文章全体を理解しようとしたり、分からないまま考え込むつらい時間を減らすことができます。

 

最初は足し算・ひき算の判断から。

 

画像には載せていませんが、その次はかけ算・わり算の判断……と2択で取り組んでいき、行く行くは4択で四則計算の判断にとりくんでいけるよう日々レベルアップした問題を作成し追加しています。

 

文章はなるべく短めに、問題数は1枚につき3問と少なめに設定することで苦手意識の強い子でも取り組みやすいようにしています。

 

 

この教材を作成するにあたって、プリントの形式は、

ぷりんときっずさんの割り算の文章問題-難しい」

のプリントからもインスピレーションを受け、作成しています。

 

いつも素敵なプリントをありがとうございます!

 


 

まだまだ暑い日が続きますが、体調に最大限気を付けながら、学習も頑張っていきましょう!

 

 

************************************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。